SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Muhammad and Larry / 日本未公開 (2010)

Cast >> Muhammad Ali, Larry Holmes
Director >> Bradley Kaplan, Albert Maysles
Producer >> Laura Coxson, Mark Durand, Bradley Kaplan
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

I'll be pissed off if everybody talk about Ali.
モハメド・アリの元スパーリングパートナーであり、親友、そしてそのアリを引退に追い込んだラリー・ホームズとの一戦についてのドキュメンタリー。

私は何度も書いているが、モハメド・アリこそドキュメンタリー映画の最大級のネタ元である。彼のようなドラマに溢れたスポーツマンは中々居ないし、人として魅力に溢れた人物も居ない。モハメド・アリが対戦した相手についてのドキュメンタリー「Facing Ali / 日本未公開 (2009)」もアリだったかこそ素晴らしいドラマを生んだ面白いドキュメンタリーだった。この映画もそうであった。今回はラリー・ホームズを追っている。アリは再現VTRだけだが、ホームズにはインタビューをしている。アリの魅力がいつものように十分に語られている。しかしそれと同時にラリー・ホームズの人格や魅力が明らかになってくる。当時の練習風景では、妻と生まれたばかりの子供が居て、カメラの前で赤ちゃんにキスするシーンや車の中ではラジカセから流れる曲に合わせて熱唱したり、妻に帰るコールをするシーンが流れる。一方でアリは家族とよりも取り巻きやファンに囲まれ、ファンサービスを怠らない。そこではアリはいつものように、「ホームズなんかKOしてやる!」と言えば、ホームズは「アリと対戦して、チャンピオンの座を狙えるなんて光栄だ」と慎ましく答える。

そしてあの戦いから30年後、ホームズは「みんなアリの事ばかり話してばかりで、頭くるよ!」と素直に自信を持って語る。元チャンピオンとしての誇りが見えた。しかし30年前に比べて、車のラジカセはCDに、そして車の電話は大きな黒電話から小さな携帯電話にBluetoothと変わったが、妻に帰るコールをし、車の中で気持ちよく歌う変わらないホームズの姿があった。

(9/26/11:DVDにて鑑賞)