SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

How High 2 / 日本未公開 (2019) (TV) 1701本目

小さな黒船リル・ヨッティの大きな可能性『How High 2』

小さな黒船ラッパー、リル・ヨッティ主演の作品。かつてウータン・クランメソッド・マンレッドマンというゴールデンコンビが出演したマリファナ映画『How High / ビー・バッド・ボーイズ (2001)』の続編。前作からは18年経っている。18年前はアメリカでも完全にアウトだったマリファナも、今や州によっては娯楽嗜好品として合法となっている。舞台はリル・ヨッティの地元ジョージア州で、アトランタジョージア州はまだ医療用以外のマリファナは現在も違法である。リル・ヨッティの相棒となるのが、アトランタ出身のコメディアンであるDC・ヤング・フライ。MTVにてマリファナの日4月20日に放送。

ロジャー(リル・ヨッティ)は、ファストフード店で働いていた。ドライブスルーに、美女2人がやってきて、一緒に吸おうと誘われる。ノコノコ着いていったロジャー。最初は良かったが、ラリったところで美女たちに「あんたの店を強盗してきて」と脅されてしまう。手を縛られ、店に放置されたロジャー。次の朝、店長に見つかりクビとなった。ロジャーはカルヴィン(DC・ヤング・フライ)とチルっていたら、「ウィード・バイブル」を見つけた。2人は早速、バイブルに従って栽培すると...

オリジナルも特に凄い面白い訳じゃないけれど、まだメソッド・マンレッドマンのコンビが絶妙で見所はあった。マリファナ吸ってハーバード大学合格というのもあり得なくて奇想天外過ぎで面白かったのもある。今回のは、リル・ヨッティが演技が上手いのが意外だった。DC・ヤング・フライが、『Friday / friday (1995)』のクリス・タッカーを意識したような演技だったので、あまり新鮮さを感じなかったのだけど、リル・ヨッティだけは意外性もあって面白かった。良い作品に出会えたら、意外と化けるかもしれない。

マリファナ映画なのに、物語がラリってなく、割りとオーソドックスで湿気ている。音楽も今風の曲ばかりを掛けているだけでお気軽だ。色々ともっとアッパーでキメキメであって欲しかった。

(2.5点:1701本目)
www.blackmovie-jp.com