SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Freaknik: The Musical / 日本未公開 (2010) (TV)

Cast >> T-Pain (Freaknik), Young Cash (Virgil), Rick Ross (Big Uzi), Cee-Lo Green (Light Skin), DJ Pooh (Doela Man), Lil Wayne (Trap Jesus), Snoop Dogg (member of Trap Jesus's gang), Kelis (Tyra Banks, Oprah Winfrey), George Clinton (member of The Mothership Connection), Bootsy Collins (member of The Mothership Connection), Michael "Clip" Payne (member of The Mothership Connection), Lil Jon (Foreboding Old Dude), Charlie Murphy (Al Sharpton), Kel Mitchell (Fruit Bowl Boys' frontman, Bill Cosby, Various), Affion Crockett (Russell Simmons, Fruit Bowl Boys Member, Various), Big Boi (The Preacher), DJ Drama (Mr. Thanksgiving), Mike Jones, Sophia Fresh (Leacosia, Toprameneesha, Obamaniqua, and Susie), Kid n' Play (themselves) ...
Director >> Chris Prynoski
Writer >> Carl Jones, Nick Weidenfeld, Brian Ash, T-Pain
Producer >> Georgette Perna
Genre >> Animation
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Swing low, sweet chariot, coming for to carry you home!
キドゥン・プレイ(キドゥン・プレイ)がハウスパーティを楽しんでいたが、周りの若者は飽き飽きしていた。そこに車椅子の老人(リル・ジョン)が入ってきて、フリークニクについて語り始めた。フリークニクは90年代最高のパーティだったが、警官が突入してきてフリークニクを逮捕し殺したとの事だった。老人はフリークニクを呼び起こし始めた。フリークニク(T-ペイン)はゴーストとしてよみがえった。フリークニクのゴーストはラップコンテストを開催すると発表。それを聞いていたラップグループSTMのバージル(ヤング・キャッシュ)、ビック・ウージー(リック・ロス)、ライト・スキン(シー・ロー)とマリファナ調達人ドエラ(DJプー)はフリークニクに向かうが...

たまらない。最高である!予想を遥かに超えた出来の良さである。ミュージシャンが声優を務めているので、音楽は良くても声優としてどうなんだろう?という不安があったが、そんなの一切関係ない!みんな声優として大活躍である。どことなく「Robin Harris' Bebe's Kids / ベベズ・キッズ (1993)」を思い出させる懐かしさもあるが、オプラ・ウィンフリーやアル・シャープトンを無茶苦茶にしてしまうところは、カール・ジョーンズらしい「ブーンドックス」的なエッジな批判もふんだんに入っている。それでいて、アトランタやその他南部のアーティストを使い、実際にあったアトランタのスプリングブレイクのパーティであるフリークニクを上手く取り入れ懐古的にブラックカルチャーを表現しているのが巧くて面白い。そしてラストである。「The Breaks / 日本未公開 (1999) 」なんかと違って巧いのである。パーラメントの「Mothership Connection」を聞き込んだ感が出ている。

とにかく最後までたまらないのである。こんなファンクなアニメは見た事ない!グルーヴ。ファンク。Hit it fellas!

(1/5/11:DVDにて鑑賞)