SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Tell Them We Are Rising / 日本未公開 (2017) 1666本目

我々は上昇中です『Tell Them We Are Rising』

ドキュメンタリー映画を撮り続けているスタンリー・ネルソンの新作。アメリカの黒人大学の長い歴史と、大学が担った役割を追っている。スタンリー・ネルソンは、『Freedom Riders / 日本未公開 (2010)』にてエミー賞を受賞している実力者。毎回、重厚感溢れるドキュメンタリー映画を制作している。今回は、アメリカでは通称HBCU(Historically Black Colleges and Universities)と言われている歴史ある黒人大学にスポットライトを当てた作品だ。そういえば、『Marvel ルーク・ケージ』のシーズン2の1話目では、ルークが「AACA(The African American College Alliance)」のフーディを着ていましたね。あれは90年代に流行ったもの。TVシリーズA Different World / 日本未放送 (1987-1993)』が流行って、黒人大学にスポットが当たるようになって、マーティン・ローレンスとかクイーン・ラティファとかラッパーたちが着だして流行ったもの。それをルークが着ていたわけです。

まずは奴隷時代には、文字の読み書きはご法度とされていた。読み書き出来るとバレると、お仕置きをされるのだ。というのは、色んな映画やTVなどでも御覧になっている方は多いと思う。1863年奴隷解放宣言が執行されると、元奴隷たちは一斉に聖書を読むようになる。そして、教会では日曜学校が盛んになり、そして教師育成の為の教育も始まる。そこに入ってきたのが、北部の聖職者たち。とはいえ、北部の大学でも黒人という理由だけで入学を拒否していたそうだ。あのイエール大学ですら。そして奴隷解放宣言後には、黒人へのリンチが増加し、黒人大学で教えていたという理由だけで白人の教授もリンチの被害に遭っていた。

興味深かったのが、タスキーギ大学の設立者ブッカー・T・ワシントンが学んだハンプトン大学の学長アームストロングは、黒人は教育には向いていないので、技術を身に着けた方が良いという事で、農業や技術系の大学にしたという事。だからタスキーギも技術系の大学になったんですよね。フィスク大学でも、黒人を偏見の目で見ていた学長により厳しいルールが設けられたりもしていた。と、黒人大学とは言え、上の人が白人だと(北部白人でも)、割りと教える方にも随分と偏見があったんだなーと。

タイトル長いんですが、その由来が素敵。ハワード大学の名前の由来になったOO・ハワードが「元奴隷たちにとってとても厳しいこの状況を、北部の人たちにどう伝えればいいか?」と尋ねたところ、13歳のリチャード・ロバート・ライトが「サー、我々は上昇中ですと伝えてください」と答えたことから。このライトは、後に大学を主席で卒業し、後に教育者となった人物。

最後は今の黒人大学の状況が語られている。今は、マーチングバンドが有名な所や、大学自体が廃れてしまった所もある。かつての役割を終えた感じを受けた。で、マーチングバンドで、フロリダA&M(FAMU)が紹介されていた。コモンが通っていた大学。でもあそこって、ドラムメージャーの子がいじめというかしごきで亡くなって殺人事件で騒がれた所だよね。それはカットされていたのが残念でした。あの事件、とても衝撃を受けたので。

Tell Them We Are Rising: The Story of Black Colleges and Universities / 日本未公開 (2017)