SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Step / 日本未公開 (2017) 1665本目

ステップ・バイ・ステップ、徐々に成長する女性たち『Step』

2015年、ボルチモア。ナイフを保持していた25歳のフレディ・グレイが身柄を抑えられ、護送中に気を失い、そのまま亡くなった。警察が護送中にグレイに過度に暴力を加え、背中の骨を圧迫して折った事が死亡の原因と言われ、その死亡事件に関わったのにも関わらず、6人の警官は謹慎処分となったが、その間は給料が支払われ、いわゆる「有給」よりも良い処分だった(有給は使えば減るが、この場合は減らない)ために、多くの市民の反感を買い、街では連日抗議集会が行われ、大きなニュースとなった。そんなボルチモアのチャータースクールの「ステップ」チームに、新しいコーチがやってくる。ブレッシンという生徒が始めたのがステップ・チーム。ステップとは、通常は大学のフラタニティソロリティが規律を合わせる為に用いる踊りの事。高校でもそれを取り入れたのが、この学校だった。そしてこの高校は、全員が大学進学を目指している。最上級生となったブレッシン、ステップ・チームには似つかわしくない秀才眼鏡っ子コリ、お母さんが警察官で熱心だが本人は今どきの子テイラーの3人を中心に追うドキュメンタリー。

2017年のサンダンス映画祭にて上映され、ドキュメンタリー部門にて審査員特別賞を受賞した作品。3人の女の子に絞ったのが上手いですね。そして、その3人のチョイスが絶妙。ブレッシンは、チームを始めただけあって、リーダー格で華がある。体格も1人だけ大きい。日本の歌手AIみたいな感じ。でも、人間だもの... 弱さもある。勉強は出来ない訳じゃない。やる気になれば出来る子なんだけど、どうも他に気が行ってしまう。1人だけ大人びているので、当然のようにカッコいい彼氏がいる。そしてお母さんも口は達者だけど、気に掛けてくれないタイプ。それに引き換え、テイラーのお母さんは出たがり(笑)。練習にも毎日のように訪れ、そして口を挟む。おどけてみせて、テイラーを赤面させる。そんな母を見て育ったせいか、どこか冷めた感じなのがテイラー。ビヨンセを引用してみせたりと、超今どきの子。そんな2人とは正反対なのがコリ。余りステップは上手くない。いわゆる眼鏡っ子。頭が超良い。地元の名門...いや全米の医学界の権威ジョンズ・ホプキンズ大学を狙うほど。でも、そんな名門大学に普通に通えるほど実家には余裕がない。シングルマザーの母は、お金が払えないと大学進学説明会で他のお母さんを前に泣いてしまうほど。と、キャラが全く違う3人を追ったのが良いですね。それだけで面白かった。何気ない女子生徒たちの会話が面白い。キング牧師マルコムX、もしまだ生きていたらどっちの運動に参加するか?とかいう女子高校生ぽくない会話から、普通ーーーの喧嘩とか。ところで、フレディ・グレイは?と思うかもしれない。途中でこのステップ・チームがトリビュートみたいなステップを見せてくれます。それが凄く感動的!

この3人に関わるのが、新しく来たコーチGと進路指導のポーラさん。大変そうでした。本編には入っていないのだけど、DVDのボーナス映像によれば、コーチGは仕事を何個も掛け持ちして、このステップ・チームを指導していたらしい。

で、こういうドキュメンタリーの楽しみと言えば、その後の彼女たちが今はどうなっているのか?ですよね。こういう映画ではいつも大抵いい感じでエンディングを迎える。今... 3人とも本名でツイッターやってまして、ブレッシンはやっぱり派手にやっている様子。大学は続けているのか分からない。「あーあ」と思ってしまう人たちとつるみ、モデルもやっている様子。テイラーも垢抜けたが、それなりにちゃんと大学生活をやっている感じ。テイラーらしい。コリは流石にちゃんとしている。が、この本編でもプロムの場面があって、ドレス着て化粧したら、物凄く化けたというか、凄く可愛かった。元々スタイルが一番良い。なので、真面目に大学生活やりながらも、現在はモデルの仕事も興味あるらしい。

少しずつではあるけれど、大人になっていくのが伺える。今もまだその過程なんだと感じました。

Step / 日本未公開 (2017)(4.25点:1665本目)