SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Fits / 日本未公開 (2016) 1494本目

ニューヨークを舞台にした内気だけどボクシングやっている女の子が女の子でいる事に目覚め成長していくドラマ作品。ベニス映画祭やサンダンス映画祭で公開。公開と同時に主人公を演じたロイヤルティ・ハイタワーが話題になった作品でもある。監督は、長編デビューとなるアンナ・ローズ・ホルマーというニューヨーク出身の白人女性。ニューヨーク大で撮影技師としての勉強をした。

所謂、男の子ぽい女の子が女の子として目覚めていく映画はあるけれど、恋を通してではなく、仲間にフィットしたいとオシャレになるのが、実にリアリティがある。女同士って、仲間で戯れる事が非常に多いので、そこを外れた時の疎外感は多分男性の倍はあると思う。別にいいやと思っていても、やっぱり蚊帳の外は寂しいものなのですよね。で、最初は半信半疑でもオシャレってやってみると意外と楽しい。と、私もローティーンの頃に趣味が男ぽくて、昔からジャニーズとか苦手で、女子の輪にあんまり入れなかったりで、どちらかというとこの映画の主人公寄りなので分かるわーと思いました。監督もそうだったんじゃないかな?写真検索してみたけど、だろうねー、そうだろうねー感あるね。

先に書いたように主人公を演じたロイヤルティ・ハイタワーが話題になったけれど、私はお兄ちゃん役も好きだわー。お兄ちゃん頑張り屋さんだし、優しい。でも普通の男の子ぽさもあって良い!そして、主人公と仲良くなるビージーちゃんも可愛い!主人公と全く正反対のタイプ。もう最初から他人に心全開な子。開ききっている。羨ましい程に。

なんていうか、物語の語り口が淡々としている。その辺は凄く最近のインディ映画ぽさがあった。と同時に他とは違ってアフリカ映画のインディぽさもあった。音楽とか雰囲気があのアフリカ映画の名作ウスマン・センベーヌ監督の『Black Girl / 日本未公開 (1966)』ぽいなーとも感じた。でも話の上手さはセンベーヌ程ではないですけど。最後がとってもふんわりしている。で?何がそうだったんだろう??とも思ってしまう程のふんわり感。いいシーンではあるんだけど、着地点としてぼんやりかなー。でもこれから気になる監督ではある!
(4.25点/5点満点中)
The Fits / 日本未公開 (2016)