SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Yeelen / ひかり (1987) 856本目

マリ出身のスレイマン・シセ監督がカンヌ映画祭で審査員賞に輝いた作品。マリで生まれ育ち、モスクワにて映画と哲学を学んだ。ロシアに渡って映画を学んだという点で、Ousmane Sembene (ウスマン・センベーヌ)と被る。実際に「アフリカ映画の父」と言われたウスマン・センベーヌと同じく政治的な映画作りを得意としていた。シセ監督が制作の1980年の「Baara」と1983年の「Finye」は余りにも政治的過ぎて、政府側とは緊張感に包まれた。監督は後に「この映画は(政治的な部分を)軽くするか、全くタイプの違う映画を作る必要があった」と語っている。なので、やはり自然と「ウスマン・センベーヌの後継者」という声が上がったのがシセ監督なのです。

この映画の主人公ニャナンコロは魔術の力を持っていた。その力を危惧した父は、息子を殺そうとしていた。母はそんなニャナンコロを抱えて逃亡。それ以来、2人は父から逃れる為に逃亡生活をしていた。しかしニャナンコロも年頃となり成長した。母は今こそ伯父に会って、父との問題を解決するべきと、息子を旅出させる。しかし、一筋縄ではいかない。様々なドラマが待っているのです。凄い設定です。圧巻です。

先に書いたように、実際にこの映画のテーマは政治的ではない。どちらかと言うとファンタジーな作品。ファンタジーというと、きっとハリウッド映画のせいで、スピード感が溢れるスペース物を想像されるでしょう。ここでのファンタジーは違うのです。確かに魔術という別空間の物が存在していますが、それがこの映画をファンタジーにしている訳じゃないんです。もう信じられない位の間と時間を割いたロングショットで、あの映画で描かれているスクリーン上の空間がファンタジーとなっていくのです。キャラクター設定だってナレーションや台詞で語っていくような単純な物じゃない。多分ね、普通の人は退屈しちゃう位の長ーーーーいショット。ああいうのはハリウッドじゃ、まず無理。スタジオ側で切っちゃう。でもシセはそれをやり、独特な空間を作り上げているのです。あの滝のシーンとか美しい。砂漠も在れば、絶壁もある。色んな姿がありますね。ラストとかもそのメッセージといい、絵といい、その美しさに感動します。

サブサハラから早くカンヌ映画祭パルム・ドールを取る作品が出て欲しいわー。審査員賞とか特別賞ではなくてさ。一番近い位置に居るのが「A Screaming Man / 終わりなき叫び (2010)」等で知られるチャド出身のマハメット=サレー・ハルーン監督かなー。というか、カンヌではアフリカ系アメリカ人監督も全滅してますものねー。そういえば、スパイクが取れなかった事を文句言ってたわね...

所でこの映画、日本のフジサンケイグループが関係しているのでしょうか?エンディングクレジットに名前が出てきた。嗚呼、あの頃のミニシアターブームは映画ファンにとっても良かった...というか、あの頃のバブル景気は映画ファンの味方だったのかもしれません。

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)