SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

5 Flights Up / 日本未公開 (2015)

Cast >> Morgan Freeman (Alex Carver), Diane Keaton (Ruth), Cynthia Nixon (Lily) ...
Director >> Richard Loncraine
Writer >> Jill Ciment (novel), Charlie Peters (screenplay)
Producer >> Curtis Burch, Morgan Freeman, Lori McCreary, Tracy Mercer, Charlie Peters
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

Intricated junction in New York
アレックス(モーガン・フリーマン)とルース(ダイアン・キートン)は40年も住んできたアパートを売ろうとしていた。年を老いた2人には階段の無いアパートは辛くなってきたのである。ルースの姪リリー(シンシア・ニクソン)は不動産の仕事をしているため、2人のアパートなら億になるだろうと、やる気満々。しかしアレックスはどこか心に引っかかる物があった。明日はオープンハウスだというのに、子供の居ない2人の子代わりであった犬のドロシーが具合を悪くしてしまう。そして街で起きたテロリストの爆弾事件のせいで、不動産の価値化も下がってしまうかもしれない... アレックスとルースの終活は波乱の幕開けでもあったのだ。

モーガン・フリーマンダイアン・キートンという燻し銀の2人による終活ドラマ。と言っても終わらないけどね!40年という月日を一緒に歩んできた2人。結婚して2年程経った時に出会ったアパート。そのアパートを売ろうとした時に、様々な事が起きて40年を振り返る。しかもニューヨークという街がそれを余計に複雑にしてしまう。もう出てくる人もニューヨークの街も面倒くさい!となってしまうほど。出てくる人は良く言えば個性的、だけど、私には面倒くさい人たちにしか見えませんでした。嫌な人が多い。人と関わろうとすると、なんだか面倒が付きまとう。でも犬のドロシーが可愛い。立った時は、ハイジでクララが立った時のようなあの感覚で泣きそうになった。

ラストもやっぱりそうなのね。と、結局主役のアレックスとルースも散々周りを振り回して面倒な人たちだと思いました...

(8/12/15:DVDにて鑑賞)