SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Black Girl / 日本未公開 (1972)

Cast >> Brock Peters (Earl), Claudia McNeil (Mu' Dear), Leslie Uggams (Netta), Louise Stubbs (Mama Rose), Peggy Pettit (Billie Jean), Gloria Edwards (Norma), Loretta Greene (Ruth Ann), Ruby Dee (Netta's mother) ...
Director >> Ossie Davis
Writer >> J.E. Franklin
Producer >> Lee Savin
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 4

Straight Talk
ビリー・ジーン(ペギー・ペティット)はママ・ローズ(ルイーズ・スタッブス)に黙って高校を辞め、町のゴーゴーダンスクラブで踊っていた。将来はダンサーになって家計を助けるのが夢だった。ビリー・ジーンには父が違うノーマ(グロリア・エドワーズ)とルース・アン(ロレッタ・グリーン)が居た。2人は何かとビリー・ジーンを虐めたが、いつもお婆ちゃんのマディア(クローディア・マクニール)が助けてくれた。しかしママ・ローズは大学で家を出たネッタ(レスリー・アガムス)の事ばかり気にしていた。ネッタはローズの子ではなく、近所に住んでいた女の子。育てられない母の代わりにローズが育てていたのだった。そのネッタが母の日に戻ってくる事になって...

女流劇作家のJ.E.フランクリンの劇作をオシー・デイビスが映画化した作品。家庭という密集の中での女性達の微妙なヒエラルキーが描かれている。母や祖母が絶対的な力を持っているかというと、実はそうでもない。その母や祖母の存在が無い時には、力関係がとんでもない事に向いてしまう。このドラマは今のイジメ問題にも深く抉り込んでいる。いつもイジメられていた者が、イジメする側に回った時の恐怖。嫉妬の醜さと、女達の恐ろしい内面を観る事になるだろう。しかしこの作品は、どのようにそれを回避していくかも描かれているのが面白い。そして学業の大切さを説いている。

40年経った今、未だ色あせない普遍的な人間ドラマ。タイトルも絶妙。「1人の黒人の女の子」でもなく「黒人の女の子達」でもない。これが全ての黒人女性の姿ではないが、ここには黒人女性の姿がある。3世代に渡る「黒人の女の子」の率直な物語なのである。

(1/26/12:TV放映にて鑑賞)