SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Never Back Down 2 / 日本未公開 (2011) (Video)

Cast >> Michael Jai White (Case Walker), Alex Meraz (Zack), Jillian Murray (Eve), Dean Geyer (Mike), Beau Brasso (Fighter), Todd Duffee (Tim), Scott Epstein (Justin), Evan Peters (Max), Lyoto Machida ...
Director >> Michael Jai White
Writer >> Chris Hauty
Producer >> Craig Baumgarten, David Zelon
Genre >> Action
Country >> USA

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Guys made a movie for guys, but chicks love it too for some reason
マイク(ディーン・ゲイヤー)はレスリングで有望で、新入学生として大学のキャンパスに居た。マックス(エヴァン・ピータース)というオタクに呼ばれて行ってみると、マックスはアンダーグラウンドで「ザ・ビートダウン」の試合を行っていて、マイクに参加を促すのだった。その頃、ボクサーとして有望だったザック(アレックス・メラズ)が試合で目を負傷した。ボクサーとしてはもう試合が出来ないが、総合格闘技なら出来るのではないかと、マックスを訪れた。マックスは2人に、ケイス(マイケル・ジェイ・ホワイト)が彼らをトレーニングするなら考えてもいいと答える。ケイスにはすでにティム(トッド・ダフィー)とジャスティン(スコット・エプスタイン)という生徒がいて、4人はケイスからトレーニングを受けるが、思わぬ事が起きてしまう...

アクションスターとしてだけでなく、ロマンチックコメディだってやってみせる多彩なマイケル・ジェイ・ホワイト。そのホワイトの初監督作品は、やっぱりアクション映画だった。実際の総合格闘技家を使い、アクションシーンはこれでもか!という位のアドレナリンが出る。その総合格闘家の使い方も上手い。特にダフィーの使い方は抜群。台詞は少なくてもいいキャラクターに仕上げていた。逆にアイドル歌手でもあるディーン・ゲイヤーには、ロマンチックな見所を多くしたのも面白い。俳優であるアレックス・メラズには難しい役どころを与えている。一番難しいのがジャスティンという役。総合格闘家とは思えない程にエプスタインは演じきっていたが、やはり少々難しかったのかもしれないと思う所はある。

何と言うか、総合格闘家のボーイズバンドとでも言おうか?それぞれのキャラクターを男前達が演じきっている。なので女の子でも楽しめる要素がある。しかし基本は男の為の男の映画。それをキャリアのあるマイケル・ジェイ・ホワイトが上手くまとめている。プロデューサー、もしくは仕掛け人ぽい。ただ元々の物語が幼稚。「ブラッド&ボーン」みたいにホワイトが主役で硬派な物語だったら最高だったのかも。

(9/14/11:DVDにて鑑賞)