SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Spirit of Youth / 日本未公開 (1938)

Cast >> Joe Louis (Joe Thomas), Clarence Muse (Frankie Walburn), Edna Mae Harris (Mary Bowdin), Mae Turner (Flora Bailey;singer), Cleo Desmond (Nora Thomas;Joe's mother), Mantan Moreland (Creighton 'Crickie' Fitzgibbons) ...
Director >> Harry L. Fraser
Writer >> Arthur Hoerl
Producer >> Lew Golder
Genre >> Biography
Country >> USA

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 4

Sprit of Joe Louis
ジョー・トーマス(ジョー・ルイス)は、アラバマ州の片田舎で生まれ育った。お父さん(ジェス・リー・ブルックス)の誕生日、家族は準備していたが、なんとお父さんが事故に遭い、それから車椅子生活となってしまう。年頃となったジョーは医者の娘メアリー(エドナ・メエ・ハリス)と良い関係を育んでいたが、家計を助ける為にミシガンに一人移動する。皿洗いの仕事でクリッキー(マンタン・モアランド)と出会う。クリッキーは偶然ジョーのボクシングの才能を見て、プロモーターである知り合いのフランキー(クラレンス・ミューズ)に紹介する。ジョーのボクシングの才能は瞬く間に開花する。しかしそのジョーに群がろうとする人々が出てきて...

完全なるジョー・ルイスの自伝映画という訳ではないけれど、アラバマ州出身という事とミシガンに移動したという事、そしてボクシングをしていたということは事実であるジョー・ルイス本人が演じた映画。そんなジョー・ルイスの映画を支えたのが、当時の豪華な黒人キャストである。とまあそれが既にジョー・ルイスの当時の人気を証明しているであろう。しかしこの映画、あの世紀の対戦と謳われたマックス・シュメリングとの2回目の対戦前の作品なのだ。世界ヘビー級王座となった後に急いで作られた作品であろう。しかし映画倫理が厳しかった当時なので、「黒人が白人に勝った」という点は強調されずに作られている。が、事実ではあったので勝つシーンはある。

ジョー・ルイスの物語だが、なぜか歌あり踊りありと、当時の慣習そのままをジョー・ルイスの物語に組み込ませた作品。ジョー・ルイスの人気が証明されている作品なのだ。

(8/10/15:DVDにて鑑賞)