SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Savannah / 日本未公開 (2013) 1410本目

キウェテル・イジョフォー。その名前だけで私をワクワクさせる罪な俳優の一人。そんなイジョフォー様が、『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』よろしく奴隷(正確に書くと今回は元奴隷で、それでも...は本当は奴隷じゃないんだけど)を演じているというので見ちゃいますよねー。共演はキリスト様を演じた事のあるジム・カヴィーゼル

カヴィーゼルが演じるのは、物凄く学があるけれど、カモ猟で生活しているワード・アレンという1910年ごろにアメリカのジョージア州サヴァンナ川に実在した男を演じている。なんでもロンドンに渡り、ラテン語や文学を学んだインテリ。けど、カモ猟が得意。多分、全米一。カモを闇市場みたいな所で売っていた。当時はそういう肉を食べられるのが限られていて貴重だったからだ。まあお酒には弱い人で、しょっちゅう法のお世話になる。でも学も弁も立つので、自分で弁護w。しかも裁判官はそんなアレンの事が好きなのか、いつも無罪www。そんなアレンのカモ猟をいつもお供しているのが、元奴隷のクリスマス(キウェテル・イジョフォー)って訳ですね。という事で、奴隷解放されたばかりの黒人元奴隷とカモ猟しているアレンの友情を描いて...いくのかと思いきや、アレンが早々に美しい女性ルーシーに惚れてしまう!という事で、アレンとクリスマス、そしてアレンとルーシーの関係を描きつつ、アレンという稀代のハンターの人生を追う!...のかと思いきや...

まあどれも中途半端に描かれているんですよね。本当はアレンとクリスマスの当時にしては変わった関係性を描きたかったんだろうけど、いまいちクリスマスについての描写が少ないので、その部分のインパクトは薄い。ならば、ルーシーとの関係を主に...と思っていると、ラストが物凄くアッサリ!え?いいの??それで??という感じ。うわ〜最高にロマンチック!となる事は決してない。ならば、アレンの生き様を!!!と思うけれど、これもやっぱり最後が曖昧でえ?となってしまう。結局の所、アレンの功績みたいのが分からず仕舞。

で、この映画には原作本がある。この映画では、その本を書いた著者に95歳(105歳だったかも?という説も)まで生き延びたクリスマスが、アレンの話を聞かせるという風に描かれている。なんかいい所をこの著者役の人が全部持っていった感じも受ける。だから曖昧なんだよね。そしてそのキウェテル・イジョフォー様の95歳のメイクアップが酷い!あれはないわ。

でもなんだかキウェテル・イジョフォー様がこの映画の中でめっちゃ歌ってます!まあそれが見れた&聞けただけでも良しとするか...どうか... あ、スコアはめっちゃ感動的!

感想やあらすじはこちら

(3.25点/5点満点中:9/21/15:DVDにて鑑賞)