SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Song of Freedom / 日本未公開 (1936)

Cast >> Paul Robeson (John 'Johnny' Zinga), Elisabeth Welch (Ruth Zinga), Esme Percy (Gabriel Donizetti), Robert Adams (Monty) ...
Director >> J. Elder Wills
Writer >> Maj. Claude Wallace (short story), Dorothy Holloway (short story), Maichael Barringer, Ingram D'Abbe
Producer >> H. Fraser Passmore
Genre >> Drama
Country >> UK

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

Freedom Singer
1700年ごろの西アフリカに浮かぶ島カサンガ(架空)。まだ奴隷船の行き来はない島であったが、女王ジンガの独裁で人々は苦しんでいた。なんと王ジンガの命まで奪おうとしていた。その時に若い娘が止めてくれと懇願するも願い叶わず、娘は女王が王様から取り上げたメダルを奪い逃げた。そんな娘を助け一緒に逃げた若い若者。2人はなんとか逃げ切り、奴隷船に乗ってロンドンまでたどり着いた。時は流れ...1838年、ロンドンの町でジョン(ポール・ロブソン)は妻(エリザベス・ウェルチ)の為に船場で力仕事をしていた。彼の歌声は力仕事の男たちや他の町の人々の心を癒した。たまたまその町に来ていたオペラの作曲家ドニゼッティエスメ・パーシイ)がその声を聞いた。ドニゼッティはその声の主を探し求めた。ドニゼッティに発掘されたジョンは、一躍大スターになった。ジョンは故郷を知らず、アフリカの地に憧れていた。ジョンは厳しいボイストレーニングも、もしかしたら歌手になればアフリカに行けるかもと頑張った。そしてジョンの胸元にはメダルがかけてあり...

俳優・歌手・アスリート・活動家と活躍したポール・ロブソンがイギリスに渡って制作した作品。いつも自分の同胞の為にと尽力してきたロブソン。ハリウッドは彼を赤だとレッテルを貼っていたが、彼の素晴らしい功績はこのように作品にして残されているのだ!この時代で既に自分の作品をコントロールする事の大事さを知っていたロブソン。それは過去の失敗があるが故でもあるが、この作品ではそれが成功したのだ。エンディングをロブソンが知らぬ所で編集出来ないようにした。この時代で凄い成果である。それによって、ロブソンはこの作品の中でアフリカに戻り、アフリカの素晴らしさとそして西洋の素晴らしさも認めて、両者を上手く取り入れて、アフリカに理想郷を築いたのだ!確かにアフリカのダンスやドラムが西洋の観点から取り入れている部分もあるが、この時代のほかのアフリカ描写とは全く違う。文化があるのだ。

ポール・ロブソン、さすがだ。この映画はロブソンの偉業が詰まっている。と、私たちが後に感動してしまう事すら、彼は計算済みだったに違いない。そんな凄い偉人がポール・ロブソンなのだ!!

(7/13/15:DVDにて鑑賞)