SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Sharknado 2: The Second One / 日本未公開 (2014) (TV) 1261本目

あの『シャークネード』から1年後...またもや戻ってきた「ザ・2番目」!SyfyチャンネルというSF・ファンタジー系のオリジナルドラマシリーズやオリジナル映画を量産しているチャンネルが制作の映画。SFファンの為に真面目にちゃんと作りこんでいるTVシリーズも多いですが、けっこう「やってくれている」オリジナル映画も沢山作っております。何ていうか、「あ、そういえば最近見ないねー」系の俳優を使ったりもして、何か香ばしい感じのする映画も少なくありません。そしてなぜかこの『シャークネード』は、放映された時にツイッターで祭りとなった。余りにも酷かったから!プロットも良く分からないし、適当だし、穴だらけだし、『ビバヒル』のスティーブ先輩が主役だし、タラ・リードは整形し過ぎで台詞回らなくなってるし、肝心のシャークも神出鬼没だし...でも最後はチェーンソーでスッキリかっこいいじゃんかー!という事でツイッターで突っ込みながら見るのに最適な映画だった訳です。その続編。

あの”シャークネード”のLAの惨劇から1年後。フィン(イアン・ジーリング)とエイプリル(タラ・リード)はNYへ向かう飛行機の中に居た。エイプリルは「シャークネードから生き残る方法」という本を書いて、今やベストセラー作家となっていたのだ。フィンは姉妹エレン(カリ・ウーラー)とその夫(マーク・マクグラス)の家族に会う事になっていた。フィンが飛行機のウィンドーにふと目をやると、そこには居る筈のないシャークの姿を見た。大騒ぎするフィンだが、他の乗客やエアマーシャルから「そんな訳がない」と一蹴され、フィンは変な人扱いとなった。しかし天気は突然不安定になり、飛行機も揺れ始めた。やはりそこにはシャークが居たのだった!しかも大量で飛行機をめがけて来る!その混乱でパイロットを失った飛行機、フィンが操縦し、JFK空港に向かうが...

って、上の部分はまだオープニングだけね。その後が本題。もうね、ここまでであり得ない!でしょ?冒頭からずっーーーっとゲラゲラ笑いましたわ。フィンが操縦した時には、もう息出来ないもん。フィンは何なの?バーのオーナーじゃないの?ってね。でもこの部分だけでも、もうケリー・オズボーンとかウィル・ウイートンとかカメオ出演しているからね!ケリー・オズボーンなんて、あの紫の髪でフライトアテンダント!しかもタラ・リードが演じたエイプリルの本のファン。と、まあ、今回はゲスト出演が豪華過ぎ!アメリカの本物のTV人気番組「Today」とか「LIVE with Kelly and Michael」なんていう朝の番組も出てきて、本人達が出演している豪華さ!しかも「Today」はNBCで、「Live with...」はABCだった筈。太っ腹なアメリカTV業界。

そして私達的に嬉しいカメオと言えば、ビズ・マーキー!フィンの昔からの友達でピザ屋のシェフ。なので、シャークがやってきても、フィンと素晴らしいコンビネーションを見せてくれてます。あのシーンは笑える最高なシーン。後はなぜかソルトンペパのぺパ姉さんが登場!エレンの友達役。ペパ姉さんは、元々映画には昔から出ていたから演技は上手いよね。後はファッションのFUBU創設者デイモンド・ジョンも出てきた!彼はNBCだったかな?で「Shark Tank」という、アメリカ版マネーの虎に出ていて、タイトルのシャークつながりで出たんでしょうかね?ナイス!って、この辺のネタはさすがにアメリカのTV見てないと分かり難いですよね。

で、最後にヴィヴィカ・A・フォックス姉。一時期は、次期ハリ・ベリーとかアンジェラ・バセットとなるような美貌にも才能にも恵まれた女優になってくれるものだと思っていたんですが... でもね、さすが『インディペンデンス・デイ』でエイリアンに怯まなかったヴィヴィカ姉は、シャークなんぞにも怯まない!最後、ヴィヴィカ姉が一番カッコいいわ!あれ?んな訳ないか... でもなんか男勝りな役で、シュガー・レイのマーク・マクグラスよりは使える姉御役でした!そして今日がちょうど50歳の誕生日!おめでとう、姉御!

「ザ・3番目」もあるでしょう!もうこれは、ツイッターが続く限り...イアン・ジーリングとタラ・リードの1年に1度のお約束でライフワークにして欲しい!つーか「ザ・2番目」意外と良過ぎ!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:7/30/14:TV放映にて鑑賞)