SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Small Steps, Big Strides: The Black Experience in Hollywood / 日本未公開 (1998) (TV)

Cast >> Louis Gossett Jr. (Host/Narrator), Donald Bogle, Diahann Carroll, Ruby Dee, Gregory Hines, Fayard Nicholas, Harold Nicholas, Nichelle Nichols ...
Director >> Velma Cato
Writer >> Velma Cato
Producer >> Velma Cato
Genre >> Documentary

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 4

"It can't blind us"
現在スクリーンで輝くデンゼル・ワシントンやウィル・スミスといった俳優達。しかし彼等の先駆者たちは多くの犠牲を払いながら、スクリーンで黒人のイメージを演じてきたのだった。名優ルー・ゴセット・ジュニアが、その歴史を紐解く。

映画が誕生したと同時に黒人俳優は誕生した訳ではなかった。黒人役ですら黒人が演じる事が出来なかったのだ。白人俳優が焼いたコルクを塗っていた「ブラックフェイス」という屈辱。リアリティさを求めた監督により、門が開かれた黒人俳優たち。しかし彼等が演じられるのは、本来の姿とは全く違い道化となった黒人のイメージだった。誰にも真似出来ないようなタップの才能があったビル・ボジャングル・ロビンソンですら、素晴らしいタップを踏むも与えられた役はドアマンだったりバトラーだったりした。ハティ・マクダニエルが初のオスカーを獲得し、ようやく平等に機会が与えられるようになる。そしてポール・ロブソンが登場し、社会的にも活躍していき、レナ・ホーンやニコラス兄弟にサミー・デイビス・ジュニアというスターが誕生していく。そして50年代にシドニー・ポワチエが登場すると一気に好転していく。
そんな当時をニコラス兄弟やダイアン・キャロルにルビー・ディと言った一流のスター達が生き証人として当時を語る貴重なドキュメンタリーだ。しかも映画創世記の珍しい映像などもあり興味をそそられる。

ゴセットが語る。「確かに(映画・俳優に対して)沢山の失意はあったし、沢山のステレオタイプもあった。しかしそんな事で我々が彼等の才能に対して盲目になる事はなかった。少しずつ一歩一歩、映画毎、シーン毎ではあったが改善していった。そして最後には大きな歩みとなったのだ」と。

(7/6/14:DVDにて鑑賞)