SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sharknado 2: The Second One / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Ian Ziering (Fin Shepard), Tara Reid (April Wexler), Vivica A. Fox (Skye), Mark McGrath (Martin Brody), Kari Wuhrer (Ellen Brody), Judd Hirsch (Taxi Driver), Kurt Angle (FDNY Fire Chief), Kelly Osbourne (Flight Attendant), Biz Markie (Pizza Chef, Fin's friend), Sandra 'Pepa' Denton (Ellen's friend), Andy Dick (NYPD), Al Roker (Himself), Billy Ray Cyrus (Dr.), Michael Strahan (Himself), Will Wheaton (Flight passenger), Daymond John (NY Business Man) ...
Director >> Anthony C. Ferrante
Writer >> Thunder Levin
Producer >> Dylan Vox, Devin Ward

総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 4

"This is Big Apple, Fin. When something bites us, we bite back ..."
シャークとトルネード”シャークネード”の惨害に見舞われたLAの悪夢から1年後、フィン(イアン・ジーリング)とエイプリル(タラ・リード)は、NYへ向かう為の飛行機に居た。エイプルは「シャークネードからどのようにサバイヴするか?」という著書がベストセラーとなり、それでNYへ向かっていた。フィンは姉妹エレンの家族に会う事になっていた。しかし向かう飛行機の中で、ふとウィンドーを見ると、そこにはいる筈のないシャークの姿を見てしまうフィン。皆はフィンが狂ったと思っていたが、シャークがトルネードと共に飛行機を襲う...

TV放映されるや否や余りの酷さにツイッターで祭りとなり、その勢いは留まる事を知らず、1日限りの劇場公開にまで成功させ、カルトヒットとなった『シャークネード』。もちろんその続編である。こちらもそのような経緯から、制作前から話題となった。今回は前回とは違って、ゲスト出演が豪華である。人気TVスターから、レスラー、歌手、実業家に天気予報士まで有名どころが勢ぞろい!変わらないのは、そのいい意味での抜け加減といい加減さと、イアン・ジーリングとタラ・リードである!イアン・ジーリングはくだらない事にも力を抜かずに一生懸命精一杯やっているのが好感が高い。タラ・リードは前回ではなんとなく生き残ったけれど、今回は彼女をシャークネードーのミューズ扱いしていて面白い。そんな彼女に色々と仕掛けているのも最高だ!

ハリウッドが真剣に遊ぶとこうなる。昔、他の映画で聞いた取るに足らない台詞のリサイクルまでしている。映画が好きな人こそ気軽に楽しめる一品。最低だけどね!(褒め言葉)

(7/30/14:TV放映にて鑑賞)