SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Sharknado / 日本未公開 (2013) (TV) おまけ

今日はおまけね。というのもこの映画、アメリカのSyfyチャンネルで放送された時に、余りの酷さにツイッターで祭りとなったんですわ。そのツイッター人気のお陰で、1日限りの劇場公開が決定!!もちろん続編も制作!!と、凄い勢い。私は初回では見てないけれど、その噂を嗅ぎ付けて、再放送で観ました。というかね、Syfyチャンネルも悪乗りで再放送の時にはずっと1日中Syfyオリジナルのシャーク(サメ)映画ばかり放送していました。どれも酷いw。

この映画はシャーク+トルネード。サメさんと竜巻が合体!シャークネードー!!

ロサンジェルスのサンタモニカの桟橋でバーを営んでいるのが、「ビバリーヒルズ高校白書」のスティーブ・サンダース先輩事イアン・ジーリング。そのバーで働いているのが、太ももに傷がある女の子ノヴァ(Cassie Scerbo)。そこのバーで飲んだくれているのが、「ホームアローン」のパパだったジョン・ハード。そして友だちのオージーだったかニュージーランド人だったか(ごめん忘れた)のバズ(Jaason Simmons)も居た。異常気象のせいで、来ない筈のハリケーンがなんとロサンジェルスを直撃するという。急いでバーを閉めて4人はスティーブ先輩の元妻(タラ・リード)のところに娘を救助しに向かう。しかしもう周りは水没しているところもあり、道路だけど、シャークがうようよと泳いでいる。タラ・リードの所に辿りつくと、なぜかスティーブ先輩にたてつくのが、娘のボーイフレンド。「サメなんかくるわけないだろ!」と一蹴。だけど、揉めている間になぜか家の中が、突然水没。もちろんサメ登場!!と書けば、誰がやられるか分かるよね。で、家を脱出して(家の周りは水没してなくて、なぜかタラ・リードの家だけが逃げた後に崩壊)、今度は息子がいる飛行場に向かうが...

まあー、本当に酷い。もう最後とか、大爆笑!これぞB級、いやZ級の酷さ。でもさ、スティーブ先輩が何か知らないけど、カッコいいのwww。でも日本語吹き替え版になれているので、本物のイアン・ジーリングがあんなに高い声だったのは知らなかったわ。しかもスティーブ先輩、モテモテ。キャスティングも突拍子無し!スティーブ先輩が主演で、その妻役にタラ・リードだよ。劣化にびっくりした。昔は可愛かったのにね。しかも2人は20歳近い?もしくは超えている?娘と息子が居るのも、なんだか違和感あるよね。ここではスティーブ先輩と書いてしまったけれど、イアン・ジーリングが演じた役名は「フィン」。そう、サメさんの「フィン」。「ふかひれ」であります。しかもこの映画の終わりも「Fin」。

本当に色々と酷い映画だった。プロットとかあるようで無い。っていうか、プロット関係あるかー!!とりあえずサメにやられて、本編の主人公達が出てきて、どうサメにやられ、どうサメをやるか。それだけ。他のオリジナル映画も全部同じ。「ピラニア」とようは同じ。あっちは色々と飛び出るけれど、こちらはTV映画なのでビキニ止まり。ちなみに今度のSyfyオリジナルのシャーク映画は「Ghost Shark」。シャークが幽霊となって、水のある所ならバケツだって出てくる!という悪趣味な映画。そして過去にはまるで「The Thing with Two Heads / Mr.オセロマン/2つの顔を持つ男 (1972)」みたいな、「2-Headed Shark Attack」っていうのもあったりする。そういえば、ハルク・ホーガンの娘ブルック・ホーガンがビキニで出てたよ。後は、シャークが砂だろうが、「トレマーズ」のように登場しちゃう「Sand Shark」なんていうのもある。

ちなみにこの続編、詳細は決まっていないけれど、ニューヨークが舞台になる事は決まっている。私が見た再放送の回では、ツイッターでその続編のタイトルを募集していた。まあ続編にもスティーブ先輩出て欲しいわ。デビット坊や(ブライアン・オースティン・グリーン)と、その妻のミーガン・フォックスとか出て欲しいね。スティーブ先輩とデビット坊やはいいコンビだった!!いや「ビバヒル」同窓会とかやってる場合じゃない?シャークさえ出ていたら、何でもありでしょ!!

Fathom Events

(点数はなしよ:7/27/13:TV放映にて鑑賞)