SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Barbershop: The Next Cut / 日本未公開 (2016) 1468本目

アイス・キューブのシカゴの床屋さん人情物語。あれだ『浅草ふくまる旅館』のシカゴ・サウスサイド床屋版。西田敏行の。TBSの。『バーバーショップ』のシリーズとしては3作目。『Beauty Shop / ビューティー・ショップ (2005)』というクイーン・ラティファ主演で女性版のスピンオフが作られたのもあるので、同系では4作目。そのスピンオフから10年を経て本家の床屋の続編が出来ました。監督は『The Best Man Holiday / 最高の贈りもの (2013)』を当てたマルコム・D・リー(スパイク・リーの従兄弟)に変更。脚本もテレビシリーズ『Black-ish / 日本未放送 (2014-Present)』を当てたケニア・バリス。そして最近の警察官による黒人への執拗な暴力・殺人事件、リアリティショーやゴシップ誌を賑わせているカーダシアン親子の批判、そして舞台シカゴの銃暴力や未成年者の死亡事件などという「最近・最新」を上手く取り入れている。けれど、このシリーズの女帝はイヴ。それは『1』から変わらない。たとえ、「最新」のニッキー・ミナージュが出ていたとしてもだ!そして元帥はセドリック・ジ・エンターテイナーが演じるエディ。彼にとっての最大の当たり役。彼の場合はスティーブ・ハーヴィとやっていたテレビシリーズも有名だけど、やっぱりこのエディが一番ハマっている。そしてキングはもちろんアイス・キューブ!!その変わらない部分も良い。でも最後の部分は本人じゃないからチープさが浮き彫りになっちゃったかも。本人出ていたら凄い映画になったのに!ちなみに最初に突然だした『浅草ふくまる旅館』はうちの夫がハマってDVDまで買った日本のドラマ。黒人の人々って意外と?こういう人情物語大好きよね。友人の旦那さんは『渡る鬼』が好きだったらしい。TBS系の人情ドラマ好きらしいです。(4点)
Barbershop: The Next Cut / バーバーショップ3リニューアル! (2016)