SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Edge of the City / 暴力波止場 (1957)

Cast >> John Cassavetes (Axel Nordmann), Sidney Poitier (Tommy Tyler), Jack Warden (Charles Malik), Kathleen Maguire (Ellen Wilson), Ruby Dee (Lucy Tyler) ...
Director >> Martin Ritt
Writer >> Robert Alan Aurthur (story)
Producer >> Jim Di Gangi, David Susskind
Genre >> Drama

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"If you are scared, you're dead!"
アクセル(ジョン・カサヴェテス)は、逃れるようにして、夜遅くに波止場についた。仕事を探していたが、もう遅かったので仕方なく野宿した。朝、気のいい男に起こされた。チャーリー(ジャック・ウォーデン)の伝で仕事を手に入れたが、そのチャーリーにピンはねされる事になった。朝起こしてくれた男もそこで働いており、チャーリーとは違う班のリーダーで、トミー(シドニー・ポワチエ)という男だった。何かとアクセルに気をかけてくれて、宿まで紹介してくれたりと、友情を育んだ。しかしアクセルには秘密にしている事があり、上手く踏み込めずにいた。しかしチャーリーではなくトミーの班で働くようになってから、チャーリーがやっかみで突っかかってくる事が多くなった。しかもアクセルの秘密をチャーリーが握ってから、更に悪化していき...

ジョン・カサヴェテスシドニー・ポワチエにルビー・ディにジャック・ウォーデンに、マーティン・リット...役者揃い過ぎである。この顔ぶれだけで、どんな映画になるかなんて分かってしまうようなもの。黒人と白人の友情がとても自然体に語られている。ジョン・カサヴェテス演じたアクセルは、白人だから黒人だからという体を全く感じさせず、そしてシドニー・ポワチエのトミーも同様である。さすがの2人とマーティン・リットの演出。2人がお互いにその友情を求め合ったという関係性が心地いい。しかしさすがの社会派揃い。チャーリーの心底には憎しみが秘めていた。だからアクセルみたいな偏見のない男は嫌いだった。

本当の男の友情とは?掛け値なしに信頼でき、そして厳しい事も言い合える仲である。ラストシーンのカサヴェテスの表情を見ている同僚達の表情が悲しげだ。ああいう友情を得る事は実は難しい事を示している表情だ。だからこそ、映画の中で実現すべきだったのである。

(1/3/14:DVDにて鑑賞)