SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Dirty Gertie from Harlem U.S.A. / 日本未公開 (1946) 1159本目

黒人のエンターテイメントの歴史の中では悪名高くプロテストまであったTVシリーズ(元々はラジオ番組が始まり)「アモス・ン・アンディ」のアンディ役で知られるスペンサー・ウィリアムス。しかし監督としては「The Blood of Jesus / 日本未公開 (1941)」という名作を残し、その作品は優れた映画作品の証の一つでもある「国立フィルム登録簿」入りを1991年に早々としている名監督でもある。今回は監督を務めた作品の一つ。そしてその名作「Blood of Jesus」と対角線上にある面白い作品。

タイトルにもなっている「ダーティ・ガーティ」とは、ハーレムで名手の女性エンターテイナーのガーティ・ラルー(フランシーン・エヴァレット)の事。数々の浮名や悪い噂の為「ダーティ」と付けられた。カリビアンのリニダッド(架空の島)に到着したガーティと一行は島の人々から熱烈な歓迎を受ける。ガーティが上演する会場の持ち主であるダイアモンド・ジョーもその歓迎をした人の1人。ジョーは一目でガーティを気に入った。ジョーはその名のとおり、ダイアモンドの宝石をガーティにプレゼントして気を引こうとしていた。一方で、ホテルに泊まりに来たお客のクリスチャンは激怒。なんとホテルはガーティとその一行で一杯になっており、クリスチャンと助手の2人には1部屋しか用意出来ないと言われた。ガーティにイラつくクリスチャン。そしてジョーバーでピアノを弾いているピアノマンは、ジョーに「(ガーティは)どこかで違う名前で見たことあるような...」と話、悲しげな曲を弾いた。その曲を聴いたガーティは動揺するのだった...

という作品。ガーティは今で言うディーバ。態度も横柄。でも容姿は物凄い美貌で才能もある。ガーティを演じたフランシーン・エヴァレットって、この時代にレイス映画に出ていた女優さん。でもその後には引退して、ハーレムの病院で引退まで働いたそう。本当に綺麗。今の綺麗とは違う感じの綺麗さ。そしてスペンサー・ウィリアムスの映画ではお馴染みで、後には彼の映画で主演も務めていたジュライ・ジョーンズも登場。この映画では元々タップダンサーだったので、タップダンスを相棒のハワード・ギャラウェイと共に披露しています。ニコラス兄弟みたいなアクロバティックな凄い技っていう感じのデュオではなくて、割りと普通のオーソドックスなタップを披露。

そして...私、黒人コメディアンの女装歴史の原点はフリップ・ウィルソンだ!と思っていたのですが、なんとスペンサー・ウィリアムスでありました!!この映画でスペンサー・ウィリアムスはヴードゥ占いの女性を演じております!なんでも適役が見つからず、ウィリアムス本人が1000ドルで演じる!とやったそう。声とかそのままで図太いのが面白い。

それにしても、ウィリアムスは女性と罪を撮らせたら面白い。「Blood of Jesus」もそうだった。でもあちらは「罪」を扱ってはいるけど「無垢」がメイン。こちらは「罪」がメイン。だからラストも間逆になる。ウィリアムス作品は、ジュライ・ジョーンズが主役のコメディよりも、断然に女性が主役の映画の方が面白い!!女性を撮るのが上手い。

ウィリアムスもエヴァレットも、今みたいにもっと活躍の場があれば、もっともっと名声や富を築けたでしょうね。この映画のフィルムだって、長い間テキサスのウェアハウスで眠っていて、もう少しの所で捨てられそうだったんだから!!あ、なんでテキサスかというと、ウィリアムスは主にテキサスで映画を撮っていた。ウィリアムス映画のプロデューサーであるアルフレッド・サックは、テキサス州ダラスでエンタテイメント系の会社を経営していた白人。なのでこの映画の舞台はカリビアンの架空の島ですが、撮影はテキサス!

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:9/30/13:DVDにて鑑賞)