SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Band Called Death / 日本未公開 (2013)

Cast >> Death
Director >> Mark Christopher Covino, Jeff Howlett
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 5 音楽 >> 5

"The world's gonna come looking for the Death stuff"
モータウンのお膝元デトロイトで生まれ育ったデイビット、デニス、ボビー、3人のハックニー兄弟。父が見ていたビートルズを見て、ギターを始めたデイビット。そのデイビットと共に音楽を始めたデニスとボビー。3人はザ・フーアリス・クーパーを聞いて影響され、パンク音楽を演奏するようになるが、「デス(死)」というバンド名ゆえに、せっかくのクライブ・デイビスとの契約を諦める事になったのだった...

まだパンク音楽が主流になる前にモータウンが生まれたデトロイトで、パンクも生まれていたのだった。それだけで面白いけれど、なんと黒人3人兄弟が「ザ・フー」や「アリス・クーパー」に魅了され、その音楽を育んでいたのも面白い。近所や周りの人々には「白人ボーイ達の音楽だ!」とバカにされながらも、3人は自分たちの音楽を信じた。特にデイビットは、その才能を発揮していく。
観る前に、ポスターにもなっている写真に何となく「かっこ良さ」を感じ、どうしても見たい作品となった。その「かっこ良さ」が映画でもよく表現されていて、なぜに彼等がかっこよく見えたのかが分かる。

時代は「デス」を受け入れなかった。あんなかっこ良く見えた70年代でも、時代の先を行き過ぎていたのだった。デイビットは予感していたように、弟に「いつか世界が俺たちの音楽を探しにくる」と話し、マスターテープを託す。実際にデイビットと言っていたようになるのだ。感動的な記録が残されている作品。

(8/26/13:DVDにて鑑賞)