SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

That's the Way of the World / ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド (1975)

Cast >> Harvey Keitel (Coleman Buckmaster), Ed Nelson (Carlton James), Cynthia Bostick (Velour Page), Maurice White (Early), Earth Wind & Fire (The Group), Freddie White (The Group), Verdine White (The Group), Charles McGregor (Mantan) ...
Director >> Sig Shore
Writer >> Robert Lipsyte
Producer >> Sig Shore
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 3 演出 >> 3 音楽 >> 5

The way of the world makes his heart grow cold
バックマスター(ハーベイ・カイテル)は、レコードレーベルのA&Rだった。黒人バンド「ザ・グループ(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)」に将来を見出して、全力を注ごうとしていた。しかしレーベル会社の重役が代わり、ジェームスは白人の家族バンド「ペイジズ」を売り出す事に決め、バックマスターに無理矢理シングルを作らせるのだった。嫌々ながらも作るバックマスターだったが...

「スーパーフライ」の制作者シグ・ショアが監督。アース・ウィンド・アンド・ファイアーの映画タイトルの同じあの大ヒットとなったアルバムは、この映画のサントラだったんだ!という位、この映画の認識度は低い。それもその筈だ。イマイチなのである。いや、「スーパーフライ」のシグ・ショアらしく、男が情熱をかけて欲しい物を手にするドラマなのは面白い。最後はハッとさせられる。でも「スーパーフライ」のプリーストみたいな激しい情熱をバックマスターから感じられなかった。そして「スーパーフライ」のゴードン・パークス・ジュニアほどのスタイリッシュなストーリーテラー的な上手さがシグ・ショアには無かった。

業界の裏を垣間見られるのは面白いけれど、これくらい程度の話なら大体想像はつく。アース・ウィンド・アンド・ファイアーの記録映画的に見るのが正解なのかも。

(3/17/13:DVDにて鑑賞)