SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

That's the Way of the World / ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド (1975) 1097本目

だいぶ前になってしまうのですが、我が心の姉、Sole姉さんにアース・ウィンド・アンド・ファイアーが出てるから見ておいた方がいいよと、頂いた作品です。ありがとうございます!でもだいぶ寝かせてしまってゴメンナサイ...

という訳で、あのアース・ウィンド・アンド・ファイアーが出ている作品です。モーリス・ホワイトが演技披露してますよ!「ジャイブ・ターキー!」言いながら。でも主役は、あのハーヴェイ・カイテル。あの「タクシー・ドライバー」でピンプ役やる直前のカイテル。監督はあの「Super Fly / スーパーフライ (1972)」のプロデューサーだったシグ・ショア。もうさ「あの」を3回書いた程に、凄い顔ぶれなのよ。でもカイテルマーティン・スコセッシ作品じゃないから、やる気なかったのかな?あんまり熱を感じない。いや、熱を感じないといけないのよ、この役からはね。カイテル演じたバックマスターは、有名レコード・レーベルのA&R。父親が有名なジャズミュージシャンなのもあって、プロデュースもしている。凄いクラシックカーに乗れる程に裕福。今はアース・ウィンド・アンド・ファイアーが演じている黒人のバンド「ザ・グループ」に情熱を注いでいる。彼等なら自分の音楽を表現してくれると。しかしレーベルの重役が代わったこともあって、「ザ・ペイジズ」を売れとバックマスターは言われる。しかもブッシュマスターが頼み込んでやっと手に入れた「ザ・グループ」が出演予定だった番組とかも、重役が嫌がらせで勝手にキャンセルして、「ザ・ペイジズ」を代わりにねじ込む。才能もない「ザ・ペイジズ」のプロデュースなんかしたら、自分の顔が潰れる!とバックマスターは悩む。ムカつくけれど、組織にいる以上、上司には逆らえない。渋々ダサい家族トリオである「ザ・ペイジズ」のシングルをプロデュースする。ザ・ペイジズのメインは女性。後はお父さんと弟。弟は、コーラーのパロディTシャツ「エンジョイ!コカイン」を着たりと、完全に麻薬にのめり込む。父も弟も性格も悪い。メインの女性は、権力に弱くて、すぐにバックマスターに近づき、色気を使ってくる。

と、音楽業界の裏を率直に描いた面白いドラマではあるんだけど、何せね... いや、最後のドンデン返し的な所は「スーパーフライ」のプリーストと同じく、野心溢れる男!って感じで面白かった。でも全体的に流れるようなフローがない。「ザ・ペイジズ」の女性ボーカルも演技下手だったし、他の人達も下手だったね。あの名優ハーヴェイ・カイテルだって、下手に見えてきちゃう演出。まあ、モーリス・ホワイトは仕方ないよ。音楽家なんだし。やっぱり「スーパーフライ」のゴードン・パークス・ジュニア監督は本物だったねと思いました。彼が監督だったら、もうちょっとカッコ良い映画になってた筈。まあでも唯一上手かったのが「スーパーフライ」にも出ていたブラックスプロイテーション映画名バイプレイヤーのチャールズ・マグレガーの使い方!え、彼が牧師!と思っていたら、上手かったねー。

まあでも映画はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの記録映画として見るのが正しいのかもしれません。彼等のレコーディング風景やらリハーサルにライブ!と見所満載。ヴァーダイン・ホワイトが暗黒への挑戦で、宇宙へ向かって飛びます!飛びます!しかしさ、アース・ウィンド・アンド・ファイアーってアフロフューチャリズムをポピュラーにしたグループだと思うんだけど、なぜか私が付き合ったスター・トレック好きのトレッカーのブラザー達は、みんなアース・ウィンド・アンド・ファイアーを毛嫌いするんだよね。なんで??

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:3/17/13:DVDにて鑑賞)