SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

The Upside / 日本未公開 (2019) 1674本目

日本でも愛されたあの映画を米リメイク『The Upside』

フランスで大ヒットし評価を受け、そして日本でも人気で、東京国際映画祭ではグランプリにも輝いた『The Intouchables / 最強のふたり (2012)』。うだつが上がらないアフリカからの移民の男性が、ひょんなことから全身不随の白人男性の看護をすることになって、お互いの距離を縮めていくストーリー。今やアメリカのマーベル作品『X-MEN: フューチャー&パスト』にも出演しちゃう位世界的スターとなったオマール・シーの出世作品。その人気作品を『英国王のスピーチ』や『世界にひとつのプレイブック』などの成功で、これでまたオスカー狙うぞぉおおお!とワインスタイン・カンパニーが意気込んで制作したリメイクだが、ハーヴェイ・ワインスタインの性的暴行事件などで、一時はお蔵入りしそうにもなった。別の会社が公開権利を獲得し、公開時期が伸び伸びになって公開。

ニューヨークに住む作家として成功した億万長者のフィリップ(ブライアン・クランストン)は、首から下が動かせない体の不自由な中年男性だった。世話する人もフィリップの気難しさもあって、すぐに辞めてしまう。勘違いで新しく面接に来たのがデル(ケヴィン・ハート)だった。彼は仕事には興味がなく、仮釈放の書類にサインしてもらうだけの為に来た。しかし、フィリップはそんなデルを採用してしまう。嫌がるデルだったが、家から追い出されたのもあって、引き受ける事になった。そんなふたりが生活を始めるが...

この↑プロット部分のパラグラフ、名前とか設定とか違う所は変えましたが、実はわざとオリジナルの『最強のふたり』と同じにして書いてみました。それくらい、かなりオリジナルに忠実。まあ、オリジナルが変える必要がない位、最高でしたからね。でも全く同じならば、オリジナルを観た方が良いに決まっているので、チョイチョイは変えてある。完全に変えた所もある。オリジナルで印象的なのは、アース・ウィンド・アンド・ファイヤーの曲!冒頭からテンションマックスで掛かっていて、その存在感が凄かった。でも、今回はなぜかアレサ・フランクリン!確かにアレサは凄いけれど、なんでEW&Fからアレサに?と思っていたら、なるほど!これは上手い変更でした。あと、なんでニコール・キッドマンがあの役を?と思ったら、やっぱり上手い。

オマール・シーが演じていた男性役には、『Ride Along / ライド・アロング ~相棒見習い~ (2014)』などをヒットさせているコメディアンのケヴィン・ハートが選ばれた。あの役をアメリカでリメイクするならば、今ならやっぱり人気のケヴィン・ハートということになるんだと思う。でも、何だろう、オリジナルでオマール・シーが登場してきた時のパッと画面が明るくなる感じがない。この役にピッタリな良い感じの乱暴さと適当さ、そして擦れてない感じの素朴さと素直さとかが、オマール・シーは凄かった。出てくるだけで、それらを感じた位。あの映画の太陽のような存在。眩しい位に、スクリーンに一瞬にして光を放つ感じ。ケヴィン・ハートカテーテルのシーンとかでは面白さを発揮していたけれど、シー程の圧倒的な存在感を発揮することは無かった。少なくともこの映画では。

オリジナルの良さを再確認。オマール・シーと『最強のふたり』は、本当に最強な映画だったなーと。

www.blackmovie-jp.com
(3.25点:1674本目)