SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

About Last Night / 日本未公開 (2014)

Cast >> Kevin Hart (Bernie), Michael Ealy (Danny), Regina Hall (Joan), Joy Bryant (Debbie) ...
Director >> Steve Pink
Writer >> Leslye Headland, David Mamet (based upon "Sexual Perversity in Chicago" by)
Producer >> Will Packer, Will Gluck
Genre >> Comedy
Country >> USA
Release (US) >> 02 / 14 / 2014

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 5

Not a "Chick movie" nor "Dude Movie". It's a "Bruno Mars movie"
バーニー(ケビン・ハート)は同僚で友達のダニー(マイケル・イーリー)に、昨夜一晩一緒に過ごした女性ジョアン(レジーナ・ホール)の事を話していた。そのジョアンが女友達を連れてくる予定だった。ダニーは昔の彼女アリソンと別れてから、女性と付き合う事に臆病になっていた。ジョアンが連れてきたのは、デビー(ジョイ・ブライアント)という美しい女性だった。バーニーとジョアンが酔って付き合いきれなくなってきたので、バーを退散しようとするデビー。ダニーもマナーで追いかける。そんな気のないダニーだったが、話す内に2人は一晩一緒に過ごしたのだったが...

1986年のロブ・ロウとデミー・ムーア主演の「きのうの夜は…」のリメイクであり、その原作となったデビット・マメットの舞台のリメイクである。黒人版「きのうの夜は…」というのが正しいのかもしれない。監督は「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式 (2010) 」のスティーブ・ピンク、脚本は「バチェロレッテ」のレスリー・ヘッドランド。ヘッドランドは、ウィル・フェレル界隈の人である。そして出れば当たるケビン・ハートが主役の友達バーニーを演じている。1986年のオリジナルでは、あくまでもサポート役だったバーニーだが、この映画はほぼ主役である。ダニーとデビーだけでなく、バーニーとジョアンの2人にも焦点を当てている。というか、いやでもケビン・ハートとレジーナ・ホールが目立つのだ!それもその筈、2人は幾度も共演しているので、コンビネーションが抜群過ぎるので、彼等のシーンがやたらと面白くて目だってしまうのだ。しかもレジーナ・ホールは、ウェイアンズ家族の映画で揉まれたせいか、コメディ女優としてとても成熟期にある。彼女のタイミングと大胆さにこの映画は救われている。

そしてこの映画を救ったのは、ブルーノ・マーズの曲。2曲使われていたが、どの曲もダニーとデビーの美しいカップルに合っていた。この映画には使われていないが、彼の「Locked Out of Heaven」こそ、セックスには溺れるが決断が出来ないダニーの心情を表しているんじゃないかと思うほど。ダニーとデビーが、オリジナルの「きのうの夜は・・・」を見ながら、女向け映画なのか男向け映画なのか話している面白いシーンがある。この映画に関していえば、ブルーノ・マーズ映画!

(2/21/14:劇場にて鑑賞)