SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Return of Superfly / スーパーフライ (1990) 1427本目

ブラックスプロイテーション・ウィークエンドナイト。週末の夜にはなぜかブラックスプロイテーションがしっくりくるという私の持論。という事で今宵はあの『Super Fly / スーパーフライ (1972)』の続編かもしれない作品を!かもしれないって...なんでそんなお茶濁すのか?最後まで御覧くださいませ。

真っ赤なベンツのコンバーチブルでニューヨーク街を颯爽を駆け巡る連中が居た。その連中はアパートに着くと、男たちを次々と殺した。そして女とやっていたエディも電話を貰ったが、男たちに殺された。一方、パリにいたプリースト(ネイサン・パーディ)。警察に追われ流れついたのがパリであった。しかし飛行機に乗り、久々のニューヨークに降り着いた。しかし移民局で拘束。男たちから司法取引で、自由にさせてやる代わりに、お前の元組織に潜り込んで、情報をくれと言われた。目撃者保護で新しい身分もやると言われる。しかしもちろん拒否。仲間を売る事なんて出来ない。1週間考える猶予を与えるので、考えるんだなと言われ、結局自由にしてもらう。今回危険を冒してまでアメリカ入りしたのは、仲間で殺されたエディの為だ。昔の仲間ネイト(サミュエル・L・ジャクソン)に会ったりしているうちに、エディを襲った連中がプリーストも追うようになる。エディを襲った連中は、ライバルの麻薬キングピンのヘクター(カルロス・カラスコ)だったのだ。プリーストはヘクターたちに復讐を誓う...

って、書いた通りにプリースト違うやん!ロン・オニール違うやん!と良くないパターンの続編の法則が発令。しかーし!!あのオリジナルの『スーパーフライ』の良さは、プリーストはもちろんだけど、カーティス・メイフィールドのあの名曲でもある。あのサントラはいつ何時聴いてもシビれる。この続編かもしれない作品に、なんとそのカーティス・メイフィールドがリターンしているのだ!しかもアイスTとの共作で「スーパーフライ1990」っていうカッコいい曲を引っ提げて。それだけじゃなく、他の曲も提供しちゃっている!しかも今や映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』でまた評価が上がっているN.W.AのイージーEや、MCレンなどもサントラに参加しちゃっているのだ!ニューヨークが舞台の作品なのに、えげつない!そのサントラは割りと良盤なのに、そこそこの浸透でヒットしたとは言い難い。

しかもオリジナル『スーパーフライ』の制作者だったシグ・ショアが監督。景気よく、どかーん!!どかーーーん!!とTNTかましている。とはいえ、やっぱりロン・オニールじゃない人がプリーストをやるのには違和感ある。しかも時代の変化からか、プリースト自身がアンチ麻薬になってしまった。私が知るプリーストは自分もチョイと決めて、白人警官ぱちこーーーん、どかーーん!していたわ。いや、確かに麻薬ダメ、絶対!ですよ。でもプリーストは...

ちなみにこの映画、あの例のパリ同時多発テロ事件のあった次の日の夜に見ました。この映画でのパリの映像では、エッフェル塔凱旋門が美しくて... なんとも時期が時期だけにその映像だけで感傷的になりました。

それ以外の見どころがあるとすれば、サミュエル・L・ジャクソン叔父貴ですかねー、やっぱり。叔父貴がまだくすぶっていた頃の作品なので、その叔父貴の扱いが今とは全然違うのが見どころ。でも叔父貴節が出ている。「俺のニ●が街に戻ってきた!」って言ってました。でも日本語字幕は「お客さんだぞ!」と叔父貴が優しい感じになってました。という訳で、日本語のビデオで見ましたよ。出てたんだよね、日本で。あ、忘れる所だった!悪い奴ジョーイを演じたレオナルド・トーマスも良かった!気味の悪い笑い方が耳につく。この人はこの映画のお陰かな?サミュエル・L・ジャクソンとの共演が多い!今でも多い!多分凄い仲の良い友達なんだろうね。という事で、今日の写真はそのトーマスが、サミュエルの叔父貴の口にピストルを突っ込んでいるという最高の写真を!

っていうか、この映画よりも、早く本当の『スーパーフライ』の続編『Super Fly T.N.T. / 日本未公開 (1973)』の方のDVD化を早く進めてください!!お頼み申し上げます!!っていうか、この映画の邦題のせいで色々とややっこしい!!

感想やあらすじなどはこちら

(3点/5点満点中:11/14/15:ビデオにて鑑賞)