SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Celeste and Jesse Forever / 日本未公開 (2012)

Cast >> Rashida Jones (Celeste), Andy Samberg (Jesse), Emma Roberts (Riley), Elijah Wood (Scott), Ari Graynor (Beth) ...
Director >> Lee Toland Krieger
Writer >> Rashida Jones, Will McCormack
Producer >> Lee Nelson, Jennifer Todd, Suzanne Todd
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

You, you got what I need but you say he's just a friend
セレステラシダ・ジョーンズ)とジェシー(アンディ・サムバーグ)は学生時代から付き合って、そのまま結婚した。しかし今は離婚を間近に控えていた。それでも二人は「親友だよね」と、セレステのゲストハウスにジェシーは住み続け、相変わらずの関係を続けていた。セレステの親友べス(アリ・グレイナー)はセレステが傷つく事になるから、止めた方がいいと言っていたが、セレステは大丈夫と聞かなかった。しかし、ジェシーが出会った女性との間に子供が出来てから、二人の関係は変わっていくが...

音楽界のドンであるクインシー・ジョーンズの娘ラシダ・ジョーンズの初主演、そして脚本も書いた作品である。七光りでこの世界を生きていけそうなのに、本人はハーバード大学を卒業し、映画に進出してもいきなり主演など務めず、地道に脇役から始めた才女。その甲斐あってか、今回は脚本も手がけている。さすがだ。しかも面白い。ジェシーとの奇妙な関係も、自分が全てを把握し、正しいと思っていた女性が崩れていく。セレステジェシーとの関係が永遠に続くものだと思っていた。欲しいと思った時には、もういない。男の女の関係だけでなく、人間関係ってそうかもしれないと思った。女性の悲哀が見事に表現されている。30代女性なら、セレステの気持ち理解出来るし、大なり小なり同じような経験もあると思う。

そしてさすがクインシー・ジョーンズの娘である。音楽の使い方も最高。ビズ・マーキーの「Just a Friend」からの元ネタであるフレディ・スコットの「You Got What I Need」。セレステの気持ちを考え、この曲を聴くとグッとくる。

(2/11/13:DVDにて鑑賞)