SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Hot Potato / 日本未公開 (1976)

Cast >> Jim Kelly (Jones), George Memmoli (Rhino), Geoffrey Binney (Chicago), Irene Tsu (Pam), Judith M. Brown (Leslie / June) ...
Director >> Oscar Williams
Writer >> Oscar Williams
Producer >> Fred Weintraub, Paul Heller
Genre >> Action

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

What Could I say?
アメリカ上院議員のダンバーはアジアにあるチャンランという村に援助をし、娘のジューン(ジュディス・ブラウン)が現地で活動していたが、その地域一帯を支配しているラングーン(サム・ヒオナ)にとってダンバー親子は邪魔だった。ラングーンは援助停止を求めて、娘ジューンを誘拐した。ダンバーは軍の上層部に助けを求め、彼等は凄腕のジョーンズ(ジム・ケリー)を現地に送り込んだが...

ジム・ケリーの当たり作「Black Belt Jones/黒帯ドラゴン」の続編である。そしてその黒帯ジョーンズの脚本を手がけたオスカー・ウィリアムスの監督作。となれば、期待できそうだが、そうは簡単にいかない。何とも言いがたい作品である。ジム・ケリーの脂の乗った時期に自身でファイティングシーンをコーディネイトした渾身の作品の筈なのだが、何せ面白くない。確かにファイティングシーンは、女性のアイリーン・ツーのカンフーとのコントラストは面白いが、あんなに訓練されていた敵が簡単にやられてしまい、熱い熱戦が見れないのがマズイ点。多分強くないといけないジム・ケリーのエゴが出たのかもしれない。刀でやられても血一滴出てこない。そしてジム・ケリーの三本の矢ごとく他の2人の助けを借りて3人で敵に挑むが、3人のシーンがイマイチである。キャラクターもつまらないしジョークもイマイチである。また対戦シーンでのコミカルな音響効果が観客の気持ちをげんなりさせる。

ジム・ケリーの「黒帯ドラゴン」は永遠だ。熱い心とカラテで悪をクールにぶっとばしたからだ。でもこのジョーンズは心ここにあらず、淡々と敵を倒すだけだった。そんなのジム・ケリーじゃなくても出来るだろうに...

(5/8/10:DVDにて鑑賞)