SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ゴールデン・グローブ賞

結果はもうご存知だとは思いますが、いちよう受賞者リスト。分かりにくいけど、星印がついている人・作品が受賞者。

いやーん、ドンチーことドン・チードル、おめでとうございますー。貴方の受賞は本当に嬉しい!今までに5・6回は受賞していてもおかしくないですもの。主演も助演も出来る使える俳優代表。
<追記 1/15/13> 受賞後の次の朝に行われた脚本読みに、ドンチーはこんな格好で現れた!意外とお茶目。ってか、フレイヴァー・フレイヴかっ!嬉しそう。後ろに見えるグリン・ターマンも嬉しそう。改めておめでとうございます!可愛い。

そしてデンゼル・ワシントン、残念でした。いや、本当に残念。相手がダニエル・デイ=ルイスで、しかもアメリカ人が大好きなリンカーン役っていう、最強のライバルのせい。相手が悪過ぎたね。今回一緒に出席したのが、娘のオリヴィア。彼女は女優を目指しているようで、「Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)」に小さな役で出ているらしい。しかしポーレッタ夫人にそっくり!!

ハリ・ベリーちゃん、いつになったら老けるんですか?教えて。スリットからの足出しは去年のオスカーでのアンジェリーナ・ジョリーの真似。去年あんなにジョークにされたのに、今年は流行

ケリー・ワシントンジェイミー・フォックス。相性良過ぎ。ケリーはなぜかタランティーノとの噂が出たけど、やっぱりどう考えたってジェイミー・フォックスの方がお似合い。その前にはオバマ大統領との噂だってあったんだから!確かに私はケリーは使い勝手が良いとは書いてるけど、そこまで使うな!でもジェイミーとケリーは、百恵&友和以来のスクリーンでのベストカップル。古いか?私的には反町&松島のGTOカップル以来かなー。でも本人達はその気ないみたいなのがとっても残念。写真はゴールデングローブとは関係なし。2人が一緒のが見つからなかった。式ではもちろん同じテーブルで隣。

ベストカップルと言えば... 司会のエイミー・ポーラージョージ・クルーニーが笑った。司会のティナ・フェイエイミー・ポーラーは揃ってコメディ・ミュージカルのテレビシリーズの女優部門にノミネート。その受賞の発表を待つ時に、ティナはジェニファー・ロペスの隣で、エイミーはジョージ・クルーニーの膝の上で発表を待った。ジョージ・クルーニーのキャラがいいよね。

ジェニファー・ロペスといえば、会場にはなぜかディディ(ショーン・コムズ)が来ていて、更には監督賞候補のベン・アフレックまで居て、本人は今のヒモ年下の彼キャスパーまで会場入り。元彼2人が居る状態って恐ろしい。しかもベン・アフレックの受賞スピーチを聞いて、その後にジェニファー・ガーナーがプレゼンターで登場した時に「私の夫が言い忘れたので!」と夫を強調した発言も聞いている。どんな気持ちで聞いていたのでしょうか?ディディの事は全く引きずって無さそうだけど、ベン・アフレックの事は引きずってそうなんだけどね。寛大というか...あんまり考えてないのかな?と思ったら、ここ↓にディディとジェニロペ、そしてキャスパーが会っている写真見つけた。わー、寛大やねー。
MORE FABNESS: Celebs Hit The 2013 Golden Globes AFTERPARTIES | The Young, Black, and Fabulous®

なんて超ミーハーな妄想はイカンのですよ。ジョディ・フォスターのスピーチ聞いて反省した。今更感もあるけれど、彼女が同性愛を表明したのは大きな意義があると思う。会場の女優達が泣いていたのが印象的。私も泣いた。

クリス・タッカーは「世界にひとつのプレイブック」組なのに、一人だけ違うテーブルだったのは可哀想。主要キャスト中でクリスだけ、どこの賞でもノミネートされていないしー。どうして居るの?とか書かれてたりもして、なんだか気の毒になってきた。

トミー・リー・ジョーンズは、主演女優賞のプレゼンターで出てきたウィル・ファレルとクリスティン・ウィグが登場し、共演したメリル・ストリープジョークにされ、思いっきり不貞腐れた顔が映ってしまって、ツイッターでも話題になった。ってか、トミー・リー・ジョーンズの愛嬌ない顔はキャラクター作りじゃなくて、普段もそうなのね。日本のバラエティに出たのが奇跡かも。

批評家チョイス賞とこのゴールデン・グローブ賞の結果で少しずつオスカーの行方が分かるような、分からないような?監督賞が楽しみです!両方で獲得したベン・アフレックが、アカデミー賞ではノミネートすらされてないし... オスカーさんよ、Ψ(`∀´)Ψケケケ