SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Liberation of L.B. Jones / L・B・ジョーンズの解放 (1970)

Cast >> Lee J. Cobb (Oman Hedgepath), Anthony Zerbe (Willie Joe Worth), Roscoe Lee Browne (L.B. Jones), Lola Falana (Emma Jones), Lee Majors (Steve Mundine), Barbara Hershey (Nella Mundine), Yaphet Kotto (Sonny Boy Mosby), Arch Johnson (Stanley Bumpas), Zara Cully (Mama Lavorn), Fayard Nicholas (Benny) ...
Director >> William Wyler
Writer >> Jesse Hill Ford
Producer >> A. Ronald Lubin
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

"Hell with white"
テネシーの町に列車が着こうとしていた頃、黒人の青年ソニー・ボーイ(ヤフェット・コットー)が飛び降りた。そして逃げるように町に消えていった。そして同じ列車に乗っていたのが、スティーブとネラという若い夫婦だった。彼等は叔父で弁護士のヘッジパスの手助けをする為に来たのだった。そんな時に、町の葬儀屋のL.B.ジョーンズ(ロスコー・リー・ブラウン)がヘッジパスを訪ね、離婚裁判の弁護士になって欲しいと頼むが、甥夫婦が来たばかりなので断ったが、その甥スティーブが自分が担当するからとヘッジパスに言うが、それなら自分が担当すると名乗り出た。しかし、その離婚裁判は、思わぬ方向に向かっていくのだった...

テネシーの架空の町を舞台に人種差別を描いた社会派作品。なんといってもヤフェット・コットーの気持ち悪さが際立っている。こういうミステリアスな役をやらせたら、この時代には彼の右に出る者はいないと言い切れる。何が彼を寡黙に、そしてミステリアスにしているのか、徐々に分かってくるが、その存在感が奇妙で面白い。そして最後にL.B.ジョーンズを解放するのはジョーンズ自身とソニー・ボーイだ。しかしジョーンズは「法からは逃げない」と語るも、実際には法から抹殺されてしまうのである。

同じ時期に公開された「スウィート・スウィートバック」とは結末が全く逆だ。ソニー・ボーイがこの町に何か新しい物を残して行ったかもしれないが、彼はまた長い逃亡の旅に出なくてはならないのだ。なんとも複雑な気持ちになってしまうのである。

(10/16/12:DVDにて鑑賞)