SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

A Haunted House / 日本未公開 (2013) 1072本目

私が愛してやまないウェイアンズ家。その末っ子マーロン・ウェイアンズが初めて家族から離れて制作した作品。しかもお得意のパロディ。さらにさらに「Scary Movie / 最終絶叫計画 (2000)」で上手さをみせつけたホラー映画のパロディ。となると、期待高まるよねー。しかもマーロンは演技に定評がある。「Requiem for a Dream / レクイエム・フォー・ドリーム (2000)」にも出ている。「Fame / フェーム (1980)」で有名になったNYの芸術学校を卒業している。ウェイアンズでちゃんと演技を学んだ人でもある。その証拠に誰もが憧れる伝説的なコメディアンであるリチャード・プライヤーの自伝映画でプライヤー役を獲得したほど(この映画自体は流れたぽい)。しかも、今まで家族で唯一スタンダップコメディをやってなかったんだけど、プライヤー役を獲得してから、ここ2年程かな?地道にスタンダップライブでアメリカ中を飛び回っていて、スタンダップコメディにも力を入れてきた。大好きだからさ、その姿をずっと追ってた訳よ。もうさ、期待するな!っていう方が無理。

マーロンが演じたのがマルコムという男性。マルコムは友人に反対されたけど、恋人のキーシャと同棲を始める。その生活を撮ろうとビデオカメラも買う。しかし、キーシャは来てそうそうにマルコムの大事な犬を轢いてしまう。その後も動く筈のない物が動いたりと不吉な事ばかり。強盗かと思っていたマルコムは、家の至る所に監視カメラを設置。しかしその超常現象は全て幽霊で、しかもキーシャには悪霊が取り付いていた。

と、「パラノーマル・アクティビティ」のパロディ。「デビル・インサイド」も入ってる。肝心なジョークがイマイチでしたね。キレがない。やたらと一つのジョークが続いて長い。途中でそのジョークに飽きちゃう。まあ昔からマーロンのジョークはちょっとひつこいかな?って思う時があったけど、その悪い所が出ちゃってる。兄貴のキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズが監督だったら、その辺分かっていて、ちゃんと演出してたんだけど、今回は兄貴が監督じゃないのでマーロンのやりたいようにやらせちゃったね。この家族はそれぞれが違う才能があるんだよね。キーネン兄貴は監督とか新しい才能を発見させたらピカイチ。ジェイミー・フォックスなんていうオスカー俳優も発掘したし、ジェニファー・ロペスアンナ・ファリスなんていうのも発掘。キーネンのその才能は本当に凄い。そしてショーンは、男前過ぎてそのルックスで逆に損している所があるようにも思えるんだけど、実際にはアイデアマン。「最終絶叫計画」とか「Don't Be a Menace to South Central While Drinking Your Juice in the Hood / ポップ・ガン (1996)」とか「White Chicks / 最凶女装計画 (2004)」等は彼のアイデアから生まれた作品。デーモンだけはマルチな生まれながらの天才芸人。スタンダップも映画も脚本も凄い才能を発揮している。でもそれ故に難しい性格でもあるので、家族プロジェクトの「最終」シリーズ等には出なかった(いちよう書いておくけど、仲良いよ)。そしてマーロンはやっぱり演技力。ウェイアンズ家のやりたい事を実際に形にして表現するのがマーロン。他にもキム姉とかダミアンとかクレイグとかデーモン・ジュニアもいるけど、今回は割愛。

今回はやっぱり兄貴達が必要かなって思ってしまいました。元々ソロで演じるだけの映画では最高だった。「Above the Rim / ビート・オブ・ダンク (1994)」の追い詰められた役とかも印象的。やっぱり根っからの演者。せめてキーネン兄貴の指揮があったら... いややっぱりショーンのアイデアがあったら... デーモンが引退から復活してくれたら... マーロンはノビノビと演技していただろうね。

共演のエッセンス・アトキンスは良かった。のびのびしてたね。いや、マーロンも演技は良かった。ジョークがね。尻芸人の真骨頂を見せてたね。

っていうかね、他の何も知らん奴がマーロンの悪口書いたら怒るからね。この映画の酷評は仕方ないけど、マーロンの悪口は許さん!私は「Mo' Money / モー・マネー (1992)」を新宿の映画館で見て以来、この家族の虜。この映画はまああれだけど、こんな事じゃ私のウェイアンズ愛は揺るぎません。だって「Marci X / マーシーX フレンズ以上、恋人未満!? (2003)」見てもデーモンへの愛は変わりませんものー。私のウェイアンズ愛、なめるなよ!愛ゆえの言葉なのよ。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.25/5点満点:1/11/13:劇場にて鑑賞)