SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

世襲

昨日の「リンカーン」は期待を全然していなかったんだけど、今秋のスペシャル番組の中では一番笑った。期待をしていなかったので、録画しておらず...悔やまれます。運動会も面白かったけれど、意外と松ちゃんが企画した1000円特撮ヒーローが面白かった。ライオン丸の浜ちゃんはブレてない。期待通りのダメぷりでした。絵心もないけれど、浜ちゃんは手先が不器用なんでしょうね。さまぁーずの三村のもダメダメで笑った。三村は笑っていいともを観ていると絵心はあるようだけど... という私には絵心が全く無い。はいだしょうこお姉さんの絵を笑えないもの(いや笑っちゃうけど)。似たようなものです。うちの子の方が上手いし。絵が下手な私のDNAを受け継がなくて本当に良かった。そういえば、松ちゃんの所に女の子の赤ちゃんが誕生したんですよね(おめでとうございます)。男の子だと思っていたので、女の子の父とはビックリかも。でも女の子で良かったかもしれませんね。男の子だったらお父さんの面白すぎる天才DNAを期待されちゃいますからね。期待するなと言われても期待しちゃいます。世襲してもらいたいですもの、あの才能。

とは全然関係ないんですが、連日のようにお伝えしているリチャード・プライヤーの自伝映画。久々に作られる前から楽しみな映画。デーモン・ウェイアンズリチャード・プライヤーを演じないのは悔やまれますが、その分弟のマーロン・ウェイアンズがやってくれると信じてます。彼のTwitterからもその気迫を感じますしね。実現するまで祈るのみです。所で、エンターテイメントで活躍して我々を楽しませてくれているウェイアンズ家の皆々様ですが、活躍しているのはエンターテイメントの分野だけじゃないみたいですね。この家族、割りと勉強の出来る子も多くて、キーネン兄貴は黒人大学の名門タスキーギ大学に進み(卒業はしてないけど)、キム姉もリベラルアーツの名門中の名門ウェスリアン大学を卒業しておりますし、マーロンは卒業はしてませんが黒人大学の名門ハワード大学に入学してます。でも、デーモンは素行が悪くて高校を卒業できずにGEDを取り、ショーンは普通に高校を卒業してます。でも最近の私のウェイアンズ研究によれば、PHDを取ったウェイアンズも存在するらしい。さすがに10人兄弟ともなると、そのファミリー・トゥリーは大きくなって色んな人が存在してきますね。ま、これだからウェイアンズ研究は止められないのです。世襲も中々難しいですからねー。

それにしても寒くなりましたね。これくらいが丁度良い!