SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Down in the Delta / 日本未公開 (1998)

Cast >> Alfre Woodard (Loretta Sinclair), Al Freeman Jr. (Earl Sinclair), Wesley Snipes (Will Sinclair), Esther Rolle (Annie Sinclair), Mary Alice (Rosa Lynn Sinclair), Loretta Devine (Zenia), Anne-Marie Johnson (Monica Sinclair), Mpho Koaho (Thomas Sinclair), Justin Lord (Dr. Rainey) ...
Director >> Maya Angelou
Writer >> Myron Goble
Producer >> Wesley Snipes, Rick Rosenberg ...
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 3

"Yes We Can"
シカゴに住むロレッタ(アルフレ・ウッダード)は、シングルマザーでしっかりしたトーマス(エムポー・クワホー)と、自閉症のトレイシーが居たが、自分はドラッグとアルコールに溺れ仕事もなく、ロレッタの母ローズ(メアリー・アリス)が子供たちの面倒を見ていた。息子のトーマスに励まされ、スーパーのレジの仕事の面接を受けるように言われ、そうするが、簡単な算数すら出来なくて、仕事は貰えなかった。落ち込んだロレッタはまたドラッグに溺れていく。ローズはそんなロレッタの姿を見て、叔父のアール(アル・フリーマン・ジュニア)の住むミシシッピーに行くように企てる。しかも家宝である「ネイサン」を質に入れ、ロレッタ達のバス代を手に入れたのだった。質流れする前にお金を用意して戻ってこいと、ロレッタに言うのだった...

詩人マヤ・アンジェロウの監督デビュー作。主演のアルフレ・ウッダードと母役のメアリー・アリスの演技の力強さがこの映画の全てを物語っている。家族の歴史とその絆の強さを語るのがこの映画だ。その歴史も奴隷時代にまで遡る事になる。家族が経験した経験により、この家族はまた一層強くなっていく。しかしこの家族は「ネイサン」にこだわる事で、一時は危機を迎える。しかし、また「ネイサン」で絆が結ばれるのがいい。監督のマヤ・アンジェロウは、残念ながらデルタの美しさをスクリーンで捕らえる事は出来なかったが、個々の台詞の力強さは十分に伝わってきた。

この脚本がしっかりとした作品に、観客は泣かずにはいられないだろう。しかし、その涙は実に気分がいい「我々にも出来る!」と思わす涙なのだ。

(10/9/12:DVDにて鑑賞)