SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Red Hook Summer / 日本未公開 (2012) 1068本目

スパイク・リー先生の最新作!しかもさ、あの「Do the Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)」のムーキーが復活!なんでもあの当時のシャツ着たらしいですよ。ずっとスパイク先生のクローゼットに取って置いてあったらしい。素晴らしい物持ちの良さ!スパイク先生、最近ちょっと太った気がしてたけど、ちゃんと入るのも偉いね。というか、復活はムーキーだけだと思ってたのよ。所がさ、「She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)」のノラ・ダーリングまで復活!びっくりよ。マザー・ダーリングとして出ているんだけど、なんとエホバの証人になってるのよ。しかも息子が居たけど、悲しい話になっている。スパイク先生は、ノラ・ダーリングをエホバの証人にした事を「プリンスのヴァニティ6のみんながその後にクリスチャンに傾倒していったって聞いてね」と答えている。にしても、最後にクレジットで確認するまで、あのトレイシー・カミラ・ジョンズかどうか分からなかったよ。凄い変わり様!昔は、スパイクに黒人にとってのマドンナとまで言わせたのにね。

という事で、スパイク先生には珍しくクリスチャンや信仰を描いた作品。これは確実に前からスパイク先生がチクリチクリと批判しているタイラー・ペリーへのアンサー映画でしょう!フリックという13歳の男の子がひと夏を母方の父親が住むブルックリンのレッド・フックで過ごす事になる。アトランタでは私立の学校に通い、ベジタリアンというコンサバなフリック。信仰心もあんまりない。宗教で何でも解決しようとする祖父に反発し、そしてレッド・フックでの生活に戸惑いながらも、iPad片手にその経験を録画していく。祖父イノックが主教を務める教会で、同世代の女の子チャズと仲良くなっていく。少しずつレッド・フックでの生活に慣れていくが、とんでもない事件が起きてしまう...

まあそのとんでもない事件というのが、本当にびっくりでした。これはネタばれしたら面白くないと思うので、ぜったーいに書きません(でも書くバカが絶対に居るんだよね)。でも残念ながら、これはよくある事件でもあるんだよね。前に読んだニュースで同じようなニュースがあって、とても胸痛めた事ある。いちようそのニュースのリンクを入れておくけど、絶対に映画を観るまでクリックしちゃ駄目。映画観てから、また思い出して戻ってきてクリックして欲しい。待てないでリンク踏んでも、私は責任取らないぞ!  では、ここ。あとこれも有名だね。つーか、このリンク探すのに5時間掛かったのよ。だからリンク許して。名前も覚えていなくて、被害者の写真だけ印象的に覚えていてね、それだけで探したんだから!!際どいキーワードで探したので、FBIとかに狙われていないか心配でビクビクしております。でも絶対に作品見てからクリックしてね。

タイラー・ペリーのゴスペル映画は、キリストを信じてまともな道を進んでいれば、かならず道が開けてハッピーエンドで、もし間違えても2度目がなければ許してくれる。そしてもし人に傷つけられても、忘れて罪を許しなさい、そうすればハッピーエンドが待っている。と、いつも描いている。とにかくキリストを信じろ!と。クリスチャンではない私が見ると、ちょっと興ざめな部分があるのが、タイラー・ペリーの映画。最近は特に酷い。制作のルーベン・キャノンと離れてから酷くなった。ところが、スパイク・リーになると、そうはならないんだよね。そんな簡単じゃない。間違いは誰にもでもある。それが間違えてはならない人であっても。その部分を強烈に描いたのが、スパイク・リー。安易なハッピーエンドにはならないよね。

なんか久々にスパイクぽい映画を観た気がした。サンダンスに出た時にも、スタジオのお金を使わず自分で作った事を怒りに満ちて爆発させたスパイク。イノックの熱のこもった説教は、スパイク・リー自身の怒りの爆発そのもの。でも、最後に凄い告白が待っている割りには、肝心なメッセージの焦点が合ってない。「うん?それで??」という終わり方だったのが残念。何となくジェームス・ボールドウィン原作の「Go Tell It on the Mountain / 日本未公開 (1985)」をも思い出させる作り。両者共に、クリスチャンじゃない私でも、心抉られるような物語。でもスパイクのはラストがちょっとだけ弱いかなー。曲も良かったけど、ちょっと使いすぎかな。ネイト・パーカーが素晴らしかった。いい人役が多いので、こんな悪役がハマるとは!

まあ、さすがにスパイク先生の次回作「オールドボーイ」では、ムーキーやノラ・ダーリングが復活とかないでしょうし、カーメロ・アンソニーの話もカットさせるでしょうし... 久々にスパイク先生がやりたいようにやった(He's gotta have it)な感じですかねー。先生、さすがです!!なのに点数低くてごめん!でも好きな映画だよー。絶対に見てね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点:12/29/12:DVDにて鑑賞)