SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Red Hook Summer / 日本未公開 (2012)

Cast >> Jules Brown (Flick), Clarke Peters (Bishop Enoch), Spike Lee (Mookie), Nate Parker (Box), Toni Lysaith (Chazz), Tracy Camilla Johns (Mother Darling) ...
Director >> Spike Lee
Writer >> Spike Lee, James McBride
Producer >> Spike Lee
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 4

"We don't know what tomorrow holds. But we do know Who holds tomorrow"
フリック(ジュールス・ブラウン)は、母とアトランタで不自由なく暮らしていたが、夏休みの間、母の父で主教しているイノック(クラーク・ピータース)が住んでいるブルックリンのレッド・フックで生活する事になった。フリックは嫌々ながらも祖父の教会の手伝いをし、iPad2で撮影しながら、レッド・フックでひと夏を過ごすが...

スパイク・リー監督が極秘に進めていたプロジェクト。大々的に公開されずに、インディペンデンスの会社から限定公開された作品。スパイク・リーのメジャー会社で派手にゴスペル映画を多産しているタイラー・ペリーへのアンサー映画と言ってもいいかもしれない。教会とキリストを題材にした、スパイクにとっては珍しい作品である。なのでタイラー・ペリーみたいな安っぽいエンディングが待っているキリスト映画とは、一線を画する。13歳の少年が家族の愛とキリスト教との間で悩む。しかも途中からは信じられない想像を絶する告白が待っている。そしてもちろんスパイク・リー監督なので、少年のひと夏の経験を甘く描いた簡単な物ではない。しかし、途中までは映画の意図が散乱しているようだった。そして途中からは物凄く惹きつけられるが、最後の最後の意図が見えにくく弱い。

あの我々が大好きなスパイク・リー映画のキャラクターのムーキーとノラ・ダーリングの復活も、インディペンデンス公開で少し寂しい結果になってしまったが、それでもやっぱりさすがスパイク・リー!と思わせるだけのスパイクの怒りが漲っていて、それが映画のパワーになっている作品。

(12/29/12:DVDにて鑑賞)