SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Snitch / 日本未公開 (2013) 1093本目

イヤー・オブ・ザ・ロック。まだ3月だけど、そんな気がしてきた。この映画上映前の予告もザ・ロック様、ザ・ロック様...ザ・ロックの筋肉だらけのザ・ロック様祭。まるでザ・ロック様が主役でブルース・ウィリスが本人出演のような「G.I. Joe: Retaliation / G.I.ジョー バック2リベンジ (2012)」に、頭の感じと色の感じからヴィン・ディーゼルザ・ロック様が区別がつかない「Fast & Furious 6 / 日本未公開 (2013)」まで。逆に「Pain and Gain / 日本未公開 (2013)」は?と思った。トイレ行ったから、もしかしたらその時に流れたかもね。という事で、ザ・ロック様祭。

いや、真面目に、ザ・ロック様が素敵でした。おふざけ一切なし!滅茶苦茶シリアスだった「Faster / ファースター 怒りの銃弾 (2010)」が、かなり面白かったので、これも期待していた。まだ40歳のザ・ロック様なのに、大学生位の子供がいる設定。まあ、20歳の時に作っていたら、ありえる設定だね。まあそんな事より、ザ・ロック様の貫禄がね、お父さんなんだよね。でもまだ息子には全然余裕で勝てるお父さん。パパな所もあるんだけど、この映画ではお父さんだね。ザ・ロック様が演じたのがジョン・マシューズという建築会社のオーナー。離婚歴ありの再婚。で、前の結婚の時の息子ジェイソンっていうのが居る。これが、今回の映画の発端となるドラ息子ね。このジェイソンが抜けている。親友から郵便を受け取って欲しいと頼まれる。その郵便の中身はドラッグ。分かっているのに、恐々と開けてしまう。そこには機器が付けられていて...それと同時にDEA(麻薬捜査官)達が入ってきて、ジェイソンすぐに捕まっちゃう。アホだよねー。受け取りのサインまでしちゃうし。まあ色々ある。司法取引なしなら10年の刑!取引したら2年...という。最初はジョンもジェイソンは頭を冷やすのに少しは刑務所でも...と思っていたが、刑務所でジェイソンが暴力振るわれているのもあって、父親心に火がついちゃうんですわ。あのシーンのザ・ロック様が素敵。

で、ジョンが経営している建築会社には、元囚人も多い。その中のダニエルは麻薬関係で捕まっていた事があるのを知ったジョンは、ダニエルに近づく。っていうか、映画だからその前にちゃんとダニエルとジョンのちょっとした出来事を描いている。このダニエル役をやった人も良かった。この映画では、ジョンとジェイソンという父親と息子の関係だけでなく、ダニエルとその息子を描いたのも上手かった。2人のお父さんが状況は違うけれど、息子を守るって姿が面白い。この映画、元の実話があるっていうのが凄いよね。

ベンジャミン・ブラットが悪役で登場。もうちょっと彼の出演が多くて、悪役も広げてあげていたら、もう最高だったと思う。もっと見たかったなー。マイケル・K・ウィリアムスもね。この映画、悪役が出番少ないんだよね。悪役の描き方があっさりしているから、完全には映画にのめり込めないんだよね。その分、スーザン・サランドンの出番が多い。あっ、バリー・ペッパーの髭が凄かった!

ザ・ロック様は凄いね!コメディも出来るし、シリアスも平気。しかも歌も上手いよね。ザ・ロック様最強説!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:3/5/13:劇場にて鑑賞)