SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Kid Vengeance / 日本未公開 (1977) 1067本目

私、がっつりど真ん中世代じゃないんですが、この映画の主役レイフ・ギャレットがアイドル時代だった頃は、かなり薄ーーく記憶にはある。私よりも10歳上の世代じゃないかな?彼が超アイドル時代だったのは。私の頃にはもう「アウトサイダー」だったし、正直彼のスキャンダルの方が馴染みある世代。でも超アイドルだったんだよね。歌手までやってたくらいだし。ジャスティン・ビーバー...というか、彼も今やもう古いの?ワン・なんとかとかいうグループ?並だったと思うよ。女の子にはそういう時期ある。ネットでは男性だと思われている、私にだってそういう時期あった。乙女が可愛い男の子にウホってなる時期ね。

いちようね、この前から続いている「Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)」に向けて、家にあるウェスタン映画を片っ端から観ている訳ですが、なぜかこれがあった。というか、この2本しかなかったよー。探せばありそうだけど、面倒だから探してない。家にあった理由は、レイフ・ギャレットが出ているから!ってな訳じゃなく、ジム・ブラウンが出ているんですよ。ウホ。

タイトルの通りの映画。レイフ・ギャレットの復讐劇。狩りを教えてくれた優しいお父さん。年取ってからの子なんだろうね、お父さんかなり年取ってる。このレイフ・ギャレットの一家が西部劇の名俳優リー・ヴァン・クリーフ演じるマクレインの一味にちょっかい出される。お母さんはお父さんや息子の目の前でレイプ。そして無残にも殺されてしまう。お父さんもそれを見届けてから殺される。レイフ君はたまたまちょっと離れた所で狩りをしていたから、難を逃れたけど、お姉ちゃんが馬車に隠れていて、その馬車もマクレインの一味に持って行かれてしまう。そこからレイフ君の復讐劇が始まるのです。ジム・ブラウンは全く関係ないんだけど、マクレインの一味が来る前にこのレイフ君の家族の所を訪れて、お水を貰って助けてもらっている。ジム・ブラウンは金発掘で生活している男だけど、町のバカ軍団にいつもちょっかい出されている。その後にレイフ君とジム・ブラウンが出会い手を取って、マクレイン一味を追い込んでいく...っていうストーリー。

これを書いている時には、実はもう「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てしまっている。だからこそ書くけど、この時代の西部劇に於ける黒人像と、「ジャンゴ」は全く違うよ。ジム・ブラウン演じたアイザックという男はヒーローであったけれど、やっぱり所謂「トム」だった。トムとは白人に従順な黒人であり、白人の為に犠牲にもなれる黒人でもある。「ジャンゴ」は違う。これはジャンゴの時にじっくりと書くわ。でもさ、全身がマッチョな男を表現しているようなあのジム・ブラウンだって、こうなっちゃうのよねー。切ないよ、私は。

まあね、でも子供向けだから女の子にも観やすいウェスタン。分かりやすい。確かにこの頃のレイフ・ギャレット、滅茶苦茶可愛い男の子だったね。ウホ。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点:12/22/12:DVDにて鑑賞)