SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Murder in Mississippi / 日本未公開 (1965)

Cast >> Sheila Britt (Carol Lee Byrd), Sam Stewart (Phil Loving), Derek Crane (Sheriff Engstrom) ...
Director >> Joseph P. Mawra
Writer >> Herbert S. Altman
Producer >> Herbert S. Altman, Joseph P. Mawra
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

"They are People!"
若い男女が車に乗って、南部へと向かっていた。しかしミシシッピを車が過ぎた時に、彼等は町の人たちから目立ってしまっていた。彼等は黒人と白人の混合なのに、コンバーチブルに乗っていたからだった。しかも彼等は黒人に投票を促す若き運動家達だったのだ!シェリフは彼等を阻止しようと躍起になり...

なんと公民権運動を題材にしたエクスプロイテーション映画なのである!しかも、公民権運動が真っ只中に行われており、この映画の舞台となったミシシッピでは若い運動家3人がリンチの末に殺されたばかりなのである。その事件が起きたのが1965年の6月。この映画が公開されたのが同年の10月。しかし公民権運動を訴える映画ではなく、白人の若い女性が「黒人好き」とのレッテルを貼られ、白人の田舎者に監禁されたり、その女性が黒人の活動家から助けられ2人で逃亡する末に感情が芽生えてキスするも、白人達に引き裂かれるという部分が強くて、それがメインで作られているエクスプロイテーションなのだ。しかも白人女性にキスした黒人男性の末が悲しく切ない。

公民権運動すらエクスプロイテーションにしてしまうハリウッドの強欲さもびっくりだが、ニュース以外で公民権運動中の真っ只中にそのような殺しが行われていた事を伝えているのは興味深い。

(10/5/12:DVDにて鑑賞)