SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Mortician / 日本未公開 (2011) 970本目

メソッドマン主演の映画です。なのであんまり期待してなかったんですよねー。話題的に見ておこうかと... いい映画じゃないですが、面白い映画でありました。割りと見れちゃう。「How High / ビー・バッド・ボーイズ (2001)」みたいなメソッドマンを期待しちゃうと、この映画は全然面白くないと思うけれど、俳優としてのメソッドマンを期待してみると、割りと楽しめちゃいます。あのメソッドマンがかなーり暗い陰気な男を演じております。しかも弱気。そんなメソッドマンを見るとは思わなかったので、びっくり。それが違和感ないのが、またまた驚きですよ。意外とハマってた。右の写真のようにイジイジしてます。役的には、アンドレ3000が「Idlewild / アイドルワイルド (2006)」で演じた役と被る。この映画は現代劇で、アウトキャストのは禁酒時代なので、舞台は全く違うけれど、印象も似ている。割りとこの映画はノワールじゃないんだけど、ノワールぽい作り。アーヴァン・ノワールと言われている感じ。メソッドマンは死体処理係をしている男。撮影はニューオリンズで行われたけれど、舞台になったのは架空の町と思っていいと思う。事件や事故に巻き込まれた死体を綺麗にしていくのが、メソッドマン。淡々と業務をこなす。趣味も暗くて、動物の標本作り。メソッドマンの周りには「死」が沢山あるのです。しかも、どことなく影がある。過去のフラッシュバックで作業が出来ない事すらある。そんな時に癒されているのが、娼婦エヴァ。で、後々にメソッドマンのお母さんも娼婦だった事が分かるのです。

町には悪い男が居て、その男がやたらとメソッドマンにちょっかい出す。メソッドマンがビビりまくり。そんな姿も意外性があって面白かったりします。そして一体の死体が運ばれてきた時から、メソッドマンの周りは急激に変化していくんです。孤独だった男メソッドマンに、色んな人がリンクしてくる。そうすると、メソッドマンが徐々に変化していくんですよ。暗いけど、中々面白かった。この映画なんで、そんなに暗いんだろう?と思ったら、アメリカじゃなくってイギリスの制作会社が制作したからなんですねー。イギリス的な暗さがありました。

ちなみにエドワード・ファーロングが出ている。そうあの「ターミネーター2」の美少年。出てるの知ってみているのに、全然どこに出てるのか分からなかったー!という位、分かりません。後になって、嗚呼あの役!と思ったけれど、それでも気がつかないかも。

最後とか面白いです。メソッドマン、俳優として急激に成長している!と思いました。RZAの方が俳優としては上だと思ってたが、今は互角の勝負!映画でも2人の共演が楽しみになりましたー。無いかもだけど。無いだろうな。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:2/27/12にDVDにて鑑賞)