SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Joy Road / 日本未公開 (2011)

Cast >> Wood Harris (Tony), Roger Guenveur Smith (Charles Blocker), N'Bushe Wright (Nia), Obba Babatunde (Dr. Howard Perkins), Jamie Hector (Dante) ...
Director >> Harry A. Davis
Writer >> Harry A. Davis, Jack Haigis, Greg Pak, Alan Alden Thomas
Producer >> Harry A. Davis, Karin Chien
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Welcome 2 Detroit
トニー(ウッド・ハリス)はデトロイトのゲトーに生まれたが、家族で一人だけ私立の学校に9歳の時から入って、今は弁護士となっていた。しかし姉妹のニア(ンブッシュ・ライト)は、ゲトーに残り、町のギャングMVPのリーダーであるビック・ボーイ(トリック・トリック)の彼女だった。しかもそのビック・ボーイが殺人の容疑で逮捕された。トニーはニアから頼まれて、弁護する事になるのだが...

最近アメリカの映画では意外とこういう作品が少なくなってきている。こういう作品とは、クライム・ギャングストーリーである。この映画はインディペンデンスで作られた正真正銘の黒人映画。しかもデトロイトが舞台。しかも出演者の1人は、エミネムと共演しているラッパーだったりする。そのデトロイトの寂れた町感を描こうとしている。トリック・トリックの雰囲気が言い。頑固なギャングのリーダーで、今は更生しようとしている。しかし、一度足を踏み込んでしまうと、中々難しい。しかも人々の色眼鏡もある。深く足を踏み込んでしまうのは、主役のトニーも一緒。9歳で故郷のゲトーから離されたので、ゲトーには中々馴染めない部分もある。と、ナレーションで言っていたけど、ウッド・ハリスは逆にゲトーに馴染んでいて、弁護士には見えなかった。

やろうとしている事は伝わるけれど、まだまだ何か今ひとつ。同じ映像を繰り返し使っているのも、伝わりにくかった点。

(12/20/11:DVDにて鑑賞)