SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Joy Road / 日本未公開 (2011) 943本目

久々のブラックインディペンデンス。舞台がデトロイト。私、人生で初めて足を踏み入れたアメリカが、デトロイトなんです。もちろん飛行機の乗り換えでそうなったんですが...妙な思い入れがありますね、デトロイト。空港でMCハマーのTシャツ買ったんですわ。と言っても顔写真が入っているタイプじゃなくて、言葉だけの面白コメントバージョンのTシャツですよ。キャッシャー担当が黒人の若い女の子だったのをよーーく覚えてますわ。日本人の若い子がMCハマーのシャツ買ったんで、びっくりというか、嬉しそうというか...「えー、MCハマー好きなの?」って聞かれましたね。まあ私の初めてのアメリカでの思い出ですよね。今思えば、なんでMCハマーと全く関係ないデトロイトでそのシャツ買ったか分からないですけど。

で、この映画のタイトルになっている「ジョイ・ロード」は、デトロイトのゲトーにある通りの名前。その近辺に住んでいたのが、トニーとニアの兄妹。トニーは9歳で私立の学校に行ったお陰で、今は弁護士。しかし両親はニアに私立を行かせるお金まではなかったので、ニアは今でもこのゲトーで暮らしている。しかもこのゲトーで有名なMVPというギャングのリーダーのビック・ボーイと付き合っている。兄妹で全く違う道を歩んでおります。で、ビック・ボーイは殺人の容疑で捕まってしまい、ニアはトニーに弁護を頼むのです。ビック・ボーイは無実を主張。しかし、トニーはどこかでビック・ボーイがやっていると思っている節があって、司法取引を進める。面倒だし。トニーは、9歳から私立の寮入っているから、ゲトーでの暮らしはイマイチ分かっていないのです。

まあ面白そうなんですが、何せウッド・ハリスが弁護士にまあ見えないよね。ゲトーの暮らしは分からないって事になっているけど、そんな感じはしない。どちらかと言えばゲトー知ってるでしょ?という感じ。でもウッド・ハリスはいい人なんですよねー。昔、彼の自分のオフィシャルサイトで若い男の子が「俳優になりたいけれど、演技をしている自分の姿が恥ずかしい」みたいな相談を書き込んだのですよ。そしたら、ハリスは「本当に俳優がやりたいと思ったら、そこに飛び込まなければ!情熱があれば、そういう気持ちは自然となくなるよ」とアドバイスしてました。エエ人だわ...という印象があります。ジミヘン演じた「Hendrix / 炎のギタリスト ジミ・ヘンドリックス (2000)」とかはイマイチでしたが、でも「Above the Rim / ビート・オブ・ダンク (1994)」とか良かったよね。そして久々にンブッシュ・ライト見た!!可愛いよね、相変わらず。好きなタイプですわ。後、ビック・ボーイを演じたのが、ラッパーのトリック・トリック。デトロイトと言えば、今はエミネムですね。その一派でもあるトリック・トリックです。この人が一番上手かったかも!頑固なギャングのリーダーです。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3点/5点満点中:11/20/11にDVDにて鑑賞)