SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Blue&Crimson

ビヨンセとジェイZに女児ブルー・アイヴィちゃんが1月7日に誕生。おめでたい。名前がブルーと聞いて、真っ先に思い出したのが「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」でポーラ・パットンが演じたブルー先生だ。後はスペルが違うが、R&Bシンガーのブルー・カントゥレル。カントゥレルは、ジェイZのお父さんの元恋人。凄い事になっている。ブルーには憂鬱とか下ネタとかあまりいいイメージが無かったけれど、今回2人が名づけた事で、ブルーにはイエスの母であるマリアのイメージもある事を知った。聖母マリアは、処女であり、いつもブルーの衣服を身にまとっていた。その聖母マリアのイメージから、ブルーには純粋とか静けさとか穏やかという意味があるとの事。早速、娘に曲を作り親馬鹿ぶりを発揮しているジェイZが、聖母マリアの処女のイメージを名づけるとは、娘の結婚なんて絶対に許さない頑固親父になりそうだ。

そしてブルーと言えば、日本人にとってはサムライ・ブルー。昨日は日本リーグ協会や澤穂希選手や佐々木則夫監督(のりお)がFIFAにてそれぞれ表彰された。私が生きている内にバロンドールを日本人が取れる日が来るとは思わなかったので、非常に嬉しい。というか、本当に凄い!!澤選手は着物を着ての受賞。うちの夫からは「日本政府がそうしろと命令したのか?」と聞かれたので、「おいおい、日本はそんな国じゃないしー。政府が強制なんてしませんがな!」と一喝。澤選手はエイミー・ワンバックと共にノミネート。気になったので、夫に「アメリカの女子サッカー選手の名前言える?」と聞いてみたら、誰も答えられなかった。もちろんワンバック選手がノミネートされている事も知らなかった。多分アメリカ人の典型的な男性にありがちな事だと思う。家に居れば、スポーツチャンネルESPNを一日見ている、うちの夫が...である。ホープ・ソロ選手位は、ヴァラエティに出ているので知っているかと思ったのに... にしても、ワンバック選手はフィールド内でも外でも性格が良さそう。お友達になりたいアメリカ人女性(珍しい事)。

その女子サッカーを知らない夫が昨日夢中になっていたのが、NCAAフットボール(つまり大学フットボール)のチャンピオン・ボウル。ルイジアナ州立大(LSU)対アラバマ大。LSUはバスケットも有名で、シャックやビック・ベイビーを排出。今年のここのフットボールは最強。負けなし。一方アラバマは1敗。負けた相手がLSU。LSUもアラバマ大も属しているカンファレンスが、サウスイースタン、通称SEC。SECのフットボールは(本当は「も」バスケットも強い)強くて、そのチャンピオン・ボウルではSECの大学が5年連続で優勝。今年はどっちが勝ってもSECなので、6年連続となった。というか、同じカンファレンス同士がチャンピオン・ボウルで戦う事自体が稀。でも明らかに、今年はLSUが1位でアラバマ大が2位だった。逆に言えば、今年はSEC内でのレギュラーの試合の毎回が事実上のチャンピオン・ボウルのような決勝戦だった。LSUもアラバマも両者共に、鉄壁なディフェンスが武器。でもそれ故に両者共に中々タッチダウンが決められずに、普通の人が見ると面白い試合ではなかったと思う。TV中継のキャスターも「早く気持ちよくタッチダウン!がいいたい」とぼやく程。でもマニアにとってはディフェンスが最強の試合の方が面白い。サッカーでも1-0位の試合の方が3-2の試合より面白かったりする。結果は下馬評を覆して、なんとアラバマが勝利。アラバマ大の愛称は「クリムゾン・タイド」。そうあのデンゼル・ワシントンが主演の「Crimson Tide / クリムゾン・タイド (1995)」と同じ。あの映画の舞台となった潜水艦はUSSアラバマなので、アラバマの愛称「クリムゾン・タイド」が使われている訳です。となると、あれ?デンゼルってフットボールコーチを演じた映画なかったっけ?あれが「クリムゾン・タイド」だったけ?と混乱。フットボールのは「Remember the Titans / タイタンズを忘れない (2000)」。差別を描いてたから、アラバマだったっけ?ミシシッピだっけ?と思っていたら、あれは舞台がヴァージニア州だった。分かってはいるものの、なぜか頭の中で混乱する。デンゼル様、出演タイトルがややっこしいです!