SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Attack the Block / 日本未公開 (2011) 918本目

図らずも続けてイギリス映画!こんな事は滅多にないでしょう。というか、「Shiiku / 飼育 (2011)」から4連ちゃんでアメリカ映画じゃないという珍しさ。このアメリカ映画好きの私が...

最近、私がDVDを買う所には必ずと言っていい程、私が楽しみにしているDVDが全く入荷しません\(*`∧´)/ ムッキー!! 暴れたろか!と思うのですが、私も大人なので諦めるか、アマゾンに大人しくオーダーするかしてます。所がこの作品は売ってたー!即効で買って、即効で見ました。想像以上!いや、想像以上にジョン・ボーイエガがデンゼル・ワシントンだったのにも驚きました。台詞もいちいち面白い。「お前はナルト見ていればいいんだよ!」とか「(エイリアンは)ポケモンじゃねえよ!」とか、日本のアニメが出てくる。イギリスでもかなり影響しているんだなーって思った。普通に使うからね。

所で主人公は「ブロック」というゲトーな集合住宅に住む10代の男の子達。そこに住む同世代の女の子達もつるんだりする。リーダーはデンゼル・ワシントンそっくりなモーゼス。普段は女の人から強盗したりしている。と言っても、アメリカみたいに低い車体の車とか乗ってではなく、自転車。かろうじてスクーター。ガイ・フォークス・ナイトという11月5日に行われる、子供達が花火を鳴らすいつもよりも賑やかな日が舞台。その日にいつものようにモーゼスと仲間達がサムという女性を襲う。しかしその時に強烈な光が、彼らがいた隣の車に落ちてきた。モーゼスはその車の中を覗くと、なんとエイリアンが居た!モーゼスに驚いたエイリアンは逃げ出した。モーゼス達は一旦家に帰って武器を持って、そのエイリアンを倒しに行く。モーゼス達はエイリアンを仕留めたが、その後ブロックの周りに沢山の光が落ちてくるのです。

この主人公の男の子達が面白い。向こう見ず過ぎる。エイリアンが怖くないのかよ!って思う程にチャレンジャー。ボコボコにしちゃうからね。題材も見た目も明るいんだけど、やっぱり言う事は暗いのも良かった。「俺達が殺し合いを早めないから、焦れてエイリアンたちはブロックにやってきた」なんて言う。どんだけネガティブ... イギリスぽい。主人公達が向こう見ずなのは、ブロックという世界しか知らないから。だから彼らは必死にエイリアンから自分達の領域であり、彼らにとって全世界であるブロックを守ろうとする。最後とか泣けてくるよ。ジョン・ボーイエガが見た目もデンゼルだけど、アクションのカッコいい所とかも見事にデンゼル級のかっこよさ。本当に期待大です。来たなって思わせてくれました。他の仲間もみんな素晴らしい!サムを演じた女優さんは南アフリカの映画「White Wedding / 日本未公開 (2009)」にも出てましたね。DVDには1時間位あるボーナス映像もあります。監督は元々コメディアンらしい。前回の「Submarine / サブマリン (2010)」のリチャード・アイオワデもコメディアン。多いんですね。ちなみにこの監督ジョー・コーニッシュはこの映画での成功が認められて「ダイ・ハード5」の監督に名前が挙がったけれど、自ら「私には早すぎる」と降りている。でもこの映画の続編を考えているようで、続編を作るか、TVシリーズ化するか、アメリカでリメイクするかを考えているそう。

それにしても二日も続けてイギリスの映画を見たので、イギリスの罵り言葉が頭にこびりついております。でも「Bruv」はお初かも?アメリカの「ブラザー」と同じ意味。「ends」という単語も悲しい。言葉に関してはやっぱりイギリス映画の方が面白い。私にとってイギリス英語は新鮮だからかな。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)