SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

ニュー・デンゼル

ちょっと前になりますが、老舗のハリウッド・リポーター誌に「誰がニュー・デンゼル(・ワシントン)か?ハリウッドは新しい黒人スター作りに苦しむ」っていう記事が載っていた。なんでも注目をされているのが、チャドウィック・ボーズマンで、彼の世代のスターが少ない為に『42 / 42〜世界を変えた男〜 (2013)』ではジャッキー・ロビンソン、そして『Get on Up / ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男 (2014)』ではジェームス・ブラウン、そして現在はリチャード・プライヤーの自伝でプライヤー(この映画は既に別のマイク・エプスに決定)、サム・クックの映画、そしてアン・リー監督のモハメド・アリの映画にもオファーを受けているという。デンゼル・ワシントンも今や59歳、そしてウィル・スミスも45歳、エディ・マーフィも53歳... 黒人ブロックバスター俳優達は40代過ぎて高齢年化していると。そこでハリウッド・リポーター誌が選んだ40歳以下で期待出来る次期スターとして、

  1. Damon Wayans Jr. (デイモン・ウェイアンズ・Jr) 31歳
  2. Chadwick Boseman (チャドウィック・ボーズマン) 32歳
  3. Michael B. Jordan (マイケル・B・ジョーダン) 27歳
  4. Omar Sy (オマール・シー) 36歳
  5. John Boyega (ジョン・ボイエガ) 22歳

の5人を選出(というか、ここにデーモン・ジュニアを選出したのは非常ーーに評価する!)。デーモン・ウェイアンズ・ジュニアは『Let's Be Cops / 日本未公開 (2014)』がワールドワイドで$100ミリオン越えのスリーパーヒット中!チャドウィック・ボーズマンは上に書いた通り。マイケル・B・ジョーダンは『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』で評価され、『ファンタスティック・フォー』のリブートや『ロッキー』からのスピンオフ『クリード』で主役に抜擢など話題尽くし。オマール・シーは、本国フランスにアメリカでも活躍中。ジョン・ボーイエガは、なんと言っても『スター・ウォーズ』入り!と、納得の選出ではあるが、いや待て、まだまだ一杯いるよ!という事で、私も勝手に40歳以下のニュー・デンゼルを検証していきたいと思う。

まずは、この人を忘れておりませんか?貫禄あり過ぎですが、いちようまだアンダー40よ!アカデミー賞にもノミネートされているから、余裕でニュー・デンゼルを名乗れるお方。

そしてこの人もまだアンダー40。これから益々の活躍が期待されているし、賞関係も時間の問題。主演もバリバリ。すぐ上のキウェテル・イジョフォーイドリス・エルバと共に英国黒人3人衆の1人。この3人は新しいムーブメントをアメリカに持ってきていると思う程に活躍している。

アメリカからの刺客はやっぱりこの人!ってか、上でなんで名前が挙がっていないのが謎なレベル。記事内には名前が挙がっていたけれど、5人に入ってないのは意味不明。私は10年前から注目しっ放し!

アンダー40じゃないけど、ちょうど40歳のこの人。40歳だけど遅咲きなので入れてあげて欲しい。というか、もっともっと注目を集めて欲しいと思っている。『キック・アス』降板は可哀想だったわー。

最近注目されていて、私と気が合うスティーブン・ソダーバーグ監督が制作のTVシリーズ『The Knick』にもレギュラー出演のこの方。絶対に来る!断言してもいい!!

デンゼルというか、ニュー・エディ・マーフィ部門はこの人かな?音楽やったりする所もエディと被るし。ただエディみたいな王道じゃなくて、新人類な人なのでメジャーになるのは難しいのかな?でもその新しさを王道にして欲しい!

同じくエディ・マーフィ部門で、この人!相棒のキーガン・マイケル・キーはオーバー40ですが、この人はまだ30代!『ポリアカ』のリブートも彼らがやるみたいですし、期待しまくってます!

私の中では構ってあげたい人、ナンバーワン!なんか繊細で壊れそうで...危険で危なっかしいツイッターを思わず見守ってしまうのがこの人。いい役に恵まれたら、ブレイクありそう。

デンゼル・ワシントンが監督として彼に役をオファーという、デンゼル本人のレーダーに引っかかったこの人も!!最近、主演でも頑張ってるし、一番デンゼルがやりそうな役に近いと思う。

という訳で、残念ながらオーバー40なイドリス・エルバはニュー・デンゼルと言ってもいい程の活躍を見せているし、こちらもオーバー40だけどマイケル・イーリーなんて逆にデンゼルが苦手とするロマンチック・コメディで大活躍。黒人版ケーリー・グラントって感じ。マライア・キャリーの夫という称号もなくなったニック・キャノンも才能はあるので、役に恵まれたら化ける可能性もある。今みたいにTV番組の司会だけというのは残念。最近はスキャンダルまみれで残念なのがコロンバス・ショート。あれさえなかったら、多分私のノミネートしていた。

と、今は本当に多才で多彩な黒人俳優達がスクリーンで活躍してくれている。こういう記事にしちゃうこと自体が、ハリウッドの偏りを現している気がしてならない。もうちょっと観ようよ、ちゃんと(大事な事なので2回書きました)。ニュー・デンゼルはすぐそこに居る。使われていないだけなんだな。

Who Is the New Denzel? Hollywood Struggles to Launch Next Black Stars | Hollywood Reporter