SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tower Heist / ペントハウス (2011) 923本目

何かついていない作品。公開前にビデオ・オン・デマンドで公開後数週間には家で見られるという実験を試させられそうになったが、映画館からのバッシングで中止。でも公開前には追い風で、この映画の監督ブレット・ラトナーと主演の一人エディ・マーフィがオスカーの司会とプロデュースに決まり、公開日もそれに合わせたが、いざ公開すると監督の失言の数々で監督もエディもオスカーから降板。公開すればしたで、35ミリオンドルの興行成績で1位が見込まれたが、実際には25ミリオンドルで初登場2位。何かついてない。可哀想になる位... というか、本当に可哀想なのは私ですわよ!!元々、この映画は黒人コメディアン総出演となるコメディ映画になる予定だった。黒人のコメディアンが集まるのは「Harlem Nights / ハーレム・ナイト (1989)」以来になる。しかも集まる予定だったのがクリス・ロッククリス・タッカーデイブ・シャペルジェイミー・フォックス、そしてエディ・マーフィという超一流どころ。無類の黒人コメディアン好きの私には、正月と盆どころか、クリスマスも感謝祭もバレンタインも私の誕生日も子供も誕生日も結婚記念日も一緒にやってきた感じ。更にですよ、デンゼル・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンが悪役で登場し、御大シドニー・ポワチエまで出演させる!!という話まであったんですから... どんだけあの時は喜んだ事か... 全てぬか喜びですよ。どんだけ枕を濡らした事か...

まあ何かついてない作品である事は間違いないのですが、映画はそこそこ面白い。評判よりも全然見られる映画です。ブレット・ラトナーらしいテレビで放送している度に見ちゃうような、分かりやすい手っ取り早いコメディですね。タイミングも本当は良かった筈なんですよ。この映画の舞台となるニューヨークのウォール街では「ウォール街を占拠せよ!」というデモが行われている訳でして... そのデモの敵である「1%の富裕層」が、この映画の悪役ですからね。そして主役のベン・スティラーの演じたジョシュは完全にデモの中心である「99%の一般人」。しかもジョシュは自分の仕事に一生懸命で真面目。けど1%のせいで、ジョシュの生活は浮かばれない。でも99%である観客には支持されなかったみたいですね。それとも99%はデモで忙しくて映画どころじゃなかったのか...

久々にエディが早口です。レスター役のステファン・ヘンダーソンが気になりました。まあ面白かったけど、やっぱり黒人コメディアン総出演バージョンで見たかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!....というのが私の本音でございます。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.75点/5点満点中:劇場にて鑑賞)