SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Mr. Church / 日本未公開 (2016) 1509本目

我らのエディ・マーフィがタイトルの「ミスター・チャーチ」を演じている真面目ドラマです。監督は『ドライビング Miss デイジー』のブルース・ベレスフォード。っていうと、黒人映画ファンにはあまりいい予感はしない。しかもその『ドライビング Miss デイジー』に似ているストーリーという事で、逆にもう嫌な予感しかしない。でもエディ・マーフィが主役なら観たいし...と、多少我慢する事になりそうだけど、エディの為に我慢した。

ドライビング Miss デイジー』とか『グリーン・マイル』などの映画の黒人キャラクターは「マジカル・ニグロ(マジック・ニグロ)」などと言われている。黒人キャラクターが自分を犠牲にしてでも白人キャラクターを助ける人の事。まあ、言ってしまえば昔から良くあるパターンです。白人を主役にして、黒人を共演させれば、両者から搾取出来る。そして白人からの反発もないと、ハリウッドにとっては一石二鳥な設定だった訳です。でも時代と共に代わり、『ドライビング Miss デイジー』でかなり黒人側から反発されたけど、今でもちょいちょい目立たない程度にある。

確かに今回のエディ・マーフィが演じたミスター・チャーチはどこからともなく現れて、白人の主人公の女の子を救っている。彼女の人生は、ミスター・チャーチなしにはあり得なかった。そしてミスター・チャーチの過去は色々あったぽいが、そこはあまり触れられていない。いや、物語の重要なファクターだけど、明言を避けている。あのエディ・マーフィがマジカル・ニグロを演じているのは信じられない!

が... そこまで嫌じゃない。ミスター・チャーチと主人公の女の子の距離感が良い。エディ・マーフィの真面目演技はやっぱり素晴らしい。1人の男の生き様として存在感があったし、見応えがあった。彼の役名通り、教会のように罪を許し、そして誰でも受け入れる器の大きさを感じた。共演した女の子も芯の強さを感じる好演だった。けど、別の作品でエディの真面目演技が観たい!とは思いました。
(3.5点/5点満点中)
Mr. Church / 日本未公開 (2016)