SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Taken from Me: The Tiffany Rubin Story / 日本未公開 (2011) (TV)

Cast >> Taraji P. Henson (Tiffany Rubin), David Haydn-Jones (Chris Rubin), Drew Davis (Kobe), Sean Baek (Jeff), Terry O'Quinn (Mark Miller), Beverly Todd (Belzora) ...
Director >> Gary Harvey
Writer >> Michael Bortman
Producer >> Harvey Kahn
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 3

Torn between two countries and two loves
ティファニータラジ・P・ヘンソン)はクリスと結婚したばかりで、コービーという息子が居た。コービーは以前に付き合っていた韓国人ジェフリーとの子供で、2人は親権を共有していた。ジェフリーはコービーをディズニーワールドに連れていくと言い、ティファニーは半信半疑で仕方なく承諾した。しかしコービーから一向に電話もなく、ホテルに電話すると2人は居ないと言われた。警察からの助けも余り得られず、ティファニーは一人で捜査していくと、コービーは韓国に居る事が分かったのだった。

国際結婚の末に生まれた子供コービー。日本でも話題になっているように、ハーグ条約というものがある。日本はまだ加盟していないが、政府は加盟の方向で準備を進めている。この舞台となった韓国も加盟していない。今回、この映画では韓国人のジェフリーは当たり前のようにアメリカ人女性から子供を誘拐した男として悪役として描かれている。確かにこの映画のジェフリーは悪い。嘘をついて計画的に進めたのだから。しかしジェフリーはどこかで気づいていたと思う。アメリカ人じゃないジェフリーはアメリカでの法では守られずに、アメリカで法で雁字搦めにされてしまう事を。だからこそ彼は計画的に進めた。アメリカ人がこの映画を見るときっと何て事だ酷いと思うかもしれない。しかしアメリカで暮らした事のある非アメリカ人が見ると、どうも腑に落ちない。やはり我々は外国人だと思わされるだけなのだ。ジェフリーだって息子を愛していた。韓国でイジメに遭っていた描写がある。それはアメリカに居たって遭う事もあるのに、アメリカだけが美化されていたように感じる。

問題はもっともっと奥が深い。1つのサンプルだけで語るのは危険だ。アメリカの法というがき大将ぶりを発揮している。アメリカの法に正義なんてないのが分かったばかりなのに。

(9/24/11:DVDにて鑑賞)