SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

"30 for 30" No Crossover: The Trial of Allen Iverson / 日本未公開 (2010)

Cast >> Allen Iverson
Director >> Steve James
Producer >> Arunima Dhar
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

No justice
後にNBAのスーパースターとなるアレン・アイバーソンは、ヴァージニア州ハンプトンのべセル高校でフットボールとバスケットボールチームに属し、その両方を州チャンピオンへと導く活躍を見せていた。まだその高校に居た時の17歳の時のバレンタインデーの日に友達とボーリング場にいたアイバーソンは喧嘩に巻き込まれてしまった。白人の若者達と喧嘩になったが、逮捕されたのはアイバーソンをはじめとする黒人ばかりだった。同じハンプトン出身の映画監督スティーブ・ジェームスは、当時の町の様子を振り返る...

スティーブ・ジェームスと言えば、バスケットボールのドキュメンタリーの最高作品「フープ・ドリームス」の監督である。そのジェームスが撮るアイバーソン。ジェームスのドキュメンタリーの面白さは、ジェームス自身がドキュメンタリーの題材に対しての関係性ゆえの心の入れようなんだと思う。今回は自分が生まれ育った町で起きた事件ともいえる題材に迫る。アイバーソンのこの高校生の時に起こした事件のせいで、アイバーソンは素行が悪いという印象だった。普段の態度や服装も品の良さは感じない。私もそこらの表面しかみないオヤジ達と同じだったのだ。ジェームスが追うと別の角度のアイバーソンが見えてくる。彼も被害者だったのだ。マスコミは罪のない女性を殴る悪いアイバーソンを印象付ける。しかしそこには、アイバーソンが才能あった為の陰謀だったのかもしれないと、ジェームスは面白い方向に話を持っていって核心に迫っていた。たとえ白人の若者達が「Nワード」を先に発していたとしても、喧嘩両成敗。黒人側だけが逮捕されているのはどう冷静に考えても不公平である。それによってハンプトンの町が真っ二つに分かれていく。

あれからスーパースターとなり多くの物を手にしたアレン・アイバーソンは当時の事を忘れようと今でも必死だ。最後の彼の涙がそれを物語っている。確かに彼は弱さを持っていて、それに流されてしまったかもしれない。人々の欲望ゆえの陰謀。彼は未だに傷つきもがき苦しんでいる。

(9/1/11:DVDにて鑑賞)