SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Scottsboro: An American Tragedy / 日本未公開 (2000) 739本目

アメリカのPBSが制作のドキュメンタリー。テレビ映画として制作されながらも、アカデミー賞のドキュメンタリー部門にもノミネートされた作品。タイトルからも分かるように、「スコッツボロ事件」を追っている。スコッツボロとは、アラバマ州にある特に何がある訳でもない小さな街。とは言え、実際の事件はスコッツボロで起きた訳ではない。テネシー州の東部チャタヌーガから同じテネシーの西部メンフィスまで向かう列車の中で事件は起きた。この列車はテネシーからなぜかアラバマを通ってメンフィスに向かう。チャタヌーガを離れてすぐにルックアウトマウンテンがある。ルックアウトマウンテンはキング牧師が声を荒げて「ルックアウトマウンテンの頂点から自由の鐘を鳴らすのだ」と叫んだあの有名なスピーチ「I Have a Dream」にも登場し、南北戦争でも戦場となった場所。そのルックアウトマウンテンのトンネルに入った所で、白人乗客のグループが列車の前に移動して来た時に、メンフィスで仕事を探す為に列車に乗った18歳のヘイウッド・パターソンの手が踏まれ、もう少しで列車から投げ出されそうになった。その手を踏まれたパターソンに寄れば、その時に「これは白人の列車だ、お前達ニ○ー達は降りろ」と言われたとの事。言われた事も無視してそのまま列車に乗っていたが、それがその白人グループの気に障ったらしく喧嘩となった。アラバマのパイント・ロックにて列車は水を足す為に止まったが、そこまで喧嘩は続いていた。列車を降りて喧嘩となったが、そこではパターソンを含むグループが白人のグループを打ちのめしていた。その騒然となった場所で、突然白人女性の2人組みが「私達はレイプされた。その黒人連中全員に」と発言。そこに居たのがヘイウッド・パターソン(18歳)、アンディ(19歳)&ロイ・ライト(13歳)兄弟、クラレンス・ノリス(19歳)、オレン・モントゴメリー(17歳)、オジー・パウエル(16歳)、ウィリー・ロバートソン(16歳)、チャーリー・ウィームス(16歳)、ユージン・ウィリアムス(13歳)の9人が逮捕され、パイント・ロック近くのスコッツボロに輸送され「スコッツボロ・ボーイズ」として知られるようになる。

この事件、公民権運動が盛んになる1960年代ではなく、そのうんと前の1931年に起きた事件。アラバマは南部でもちろんジム・クロウ法で黒人達が虐げられていた場所。この裁判も、13歳のロイ・ライト以外はすぐに死刑判決が言い渡されている。注目を集めたのはもう一つの理由がある。アメリカの共産党が大きくこの事件に関わっていたからである。当時の南部の黒人には共産党がかなり浸透していたという。実際に共産党員だった黒人もこのドキュメンタリーではインタビューに答えている。ただ共産党のILDとNAACPの両方がこの裁判を扱う事になったが、NAACPは裁判からは後に手を引いている。

そしてニューヨークで有名人の事件やマフィアの事件などの裁判で有名弁護士のサミュエル・リーボウィッツがILDから頼まれて弁護士になった。彼はレイプされたと訴えた女性の一人と接触して、嘘の発言をしたと裁判で証言させる事に成功する。しかし、その裁判の時に来ていた洋服がいかにもニューヨークの上流社会の女性風で、9人が逮捕された時にはオーバーオールを着ていた女性なので、それが不利となってしまう。またレイプされた後に2人を検査した医師の証言も得る。医師によれば、彼女達の体内から精子は見つかったが、既に2日3日経ったものだったという。

結局1937年にモントゴメリーとウィリアムスとロバートソン、ロイ・ライトは刑務所を出た。しかし、それ以降この事件は風化。残る5人はそのまま刑務所に残った。クラレンス・ノリスとアンディ・ライトとチャーリー・ウィームスは40年に入ってから仮釈放されている。

と、一番最後まで刑務所に残り、この事件のきっかけともなったヘイウッド・パターソンはその後に刑務所から脱走。バーで喧嘩して人を刺し、また逮捕され、その翌年にガンで亡くなっている。このドキュメンタリーでは触れてませんでしたが、その後に色々と調べてみると彼はかなり刑務所に入ってから人が変わっているようです。それこそジャマー・ファナカの「Penitentiary / 日本未公開 (1979)」の世界。ギャル・ボーイという所謂刑務所での女役をいつも引き連れていた。アンディ・ライトもやはり刑務所に戻って亡くなっている。クラレンス・ノリスも大変だったみたいだが、弟の名前を使ってニューヨークで生活。アラバマを離れる事は仮釈放では許されないが、NAACPの助けを得て70年代に恩赦を受けた。

と、最後の方は自分で調べたのもありますが、かなり濃厚なドキュメンタリーです。PBSはいつもそう。夜に見ると気が滅入ってしまいます。人種というものに囚われて、真実が見えなくなってしまった事が、タイトルの示すアメリカの悲劇なんじゃないでしょうか。これが舞台ミュージカル「スコッツボロ・ボーイズ」になっていて評判がいいので、10月からはブロードウェイに進出。こんな重たいテーマがどんな風にミュージカルになっているのか興味があります。

感想やあらすじはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)