SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

With All Deliberate Speed / 日本未公開 (2004)

Cast >> Jeffrey Wright (Narrator), Thurgood Marshall Jr., Julian Bond, Mekhi Phifer, Larenz Tate, Alicia Keys ...
Director >> Peter Gilbert
Writer >> Nathan Antila
Producer >> Peter Gilbert, Nancy LeBrun, Tommy Walker
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 4

Back here again
1954年のブラウン対教育委員会裁判は公民権運動で大きな役割を果たすことになったが、その前の1952年、サウスカロライナの小さな町で、裁判が行われた。ブリッグス対エリオットだ。そして同じく1952年にヴァージニア州でもデイビス対プリンスエドワード郡学校委員会の裁判が行われた。彼らの勇気がアメリカを大きく変えていくことになる。そして今現在…

この裁判で名前が使われているハリー・ブリッグス・シニアは、最初にサインをした人物だった。そのお陰で彼は仕事を首になり、その後には家も2度も放火され、結局はこのサウスカロライナを出て、別の州で働くことになった。この地区で分離された黒人の学校に通うのに、毎日14日も歩かなければならない生徒も居た。分離された白人の学校にはバスが用意されていたが、黒人の学校には「税金をまともに納めていない」と言われ、バスは支給されていなかったのだ。学校も、白人の学校と比べたら、粗末な校舎だった。そこで牧師ジョセフ・ディレインが立ち上がる。
ヴァージニアでは、生徒が立ち上がる。若干16歳のバーバラ・ジョンズ。彼女を中心に高校生達はストライクを行う。その勇気にようやくNAACPは支援の手を差し伸べる。彼女達の苦労や努力が、リユニオンで集まった生徒達の口から明らかになっていく。

しかしドキュメンタリーは今も「資金格差」という形で、黒人が多く住む地区の学校と、白人が多く住む学校の差別化が明らかになっていく。今の見えざる差別が恐ろしいくらいに見えてくる。

(8/2/12:DVDにて鑑賞)